Home モデル アバルトから往年のレーシングモデルにオマージュを捧げる20台の限定モデル「アバルト695アンノ デル トーロ」が登場! – MotorFan[モーターファン]

アバルトから往年のレーシングモデルにオマージュを捧げる20台の限定モデル「アバルト695アンノ デル トーロ」が登場! – MotorFan[モーターファン]

16 second read
0
126




1月14日、FCAジャパンはアバルトの高性能モデルである595コンペティツィオーネをベースにした20台の限定モデル「アバルト695 Anno del Toro(アンノ デル トーロ)」を設定し、同日より特設サイトを通じて予約受付を開始した。税込車両価格は429万円だ。


595コンペティツィオーネをベースに大型リヤルーフスポイラーやチェカードルーフを採用

「695アンノ デル トーロ」は、イタリア語で「丑の年」を表す「Anno del Toro」を車名に取り入れた20台限定の特別モデル。モータースポーツに情熱を注ぎ、自由な発想から数々の刺激的なモデルを生み出した創始者カルロ・アバルトのクルマ作りの哲学が反映されているのが特徴だ。




エクステリア最大の特徴は、走行中に車体を安定させる効果を生み出す大型のリヤルーフスポイラー。これは、フィアット600をベースとする1960年代のコンペティションモデル「フィアット・アバルト1000TCR」にインスピレーションを受け、それに現代風の解釈を加えたもの。ウイングの角度は最大60度まで調整可能で、速度域に応じてダウンフォースの強弱を設定できる。




ボディカラーには限定車専用のBlu Podio(ブルー)を採用し、ルーフにはチェッカードパターンを施している。さらにオーバーフェンダーやサイドシルはグレーとし、コンペティションモデルの雰囲気が演出された。前後のエンブレムおよびホイールセンターキャップ、ステアリングホイールには、ビンテージタイプのロゴバッジが採用されている。




足まわりには17インチの12スポークアルミホイールを装着。またフロントディファレンシャルに、コーナー立ち上がり時の加速性を向上させるメカニカルLSDが搭載されている。




ベースモデルは、180ps/230Nmを発揮する1.4ℓ直列4気筒ターボエンジンと5速MTを搭載する595コンペティツィオーネ(左ハンドル)で、同限定車の各種装備はベース車に準拠している。なお、購入の申し込みは特設サイトにて受け付け、応募多数の場合は抽選にて決定する。




●アバルト公式WEBサイト「695アンノ デル トーロ」

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ホンダ、「NC750X」をフルモデルチェンジ 最高出力58PSに向上してWMTCモード燃費28.6km/L達成 – Car Watch

 本田技研工業は、大型スポーツモデル「NC750X」「NC750X Dual Clutch Transmiss … …