Home インスタグラマー インスタグラム、新しい「ショップ」タブを追加:ECプラットフォーム化が進む(DIGIDAY[日本版]) – Yahoo!ニュース

インスタグラム、新しい「ショップ」タブを追加:ECプラットフォーム化が進む(DIGIDAY[日本版]) – Yahoo!ニュース

17 second read
0
22

インスタグラムは商品売買のプラットフォームとしての存在感を強めようとしている。そんななか、彼らはユーザーにショッピング目的でアプリを利用してもらおうと本腰を入れてきた。

先日、インスタグラムの「発見(explore)」に追加された新しい「ショップ(Shop)」タブからも、それは見て取れる(※「ショップ」タブは、日本でも本日[7月31日]から実装された)。ユーザーたちは、ビューティ、ホーム、トラベルなどのいくつかのカテゴリーから、ブランドやリテーラーが投稿した購入可能なプロダクト画像を見つけられる。インスタグラムチェックアウト(Instagram Checkout)機能(※日本では未実装)を使うと、ユーザーはインスタグラムアプリを離脱することなくプロダクトを購入ができるが、この機能が使えるプロダクトの場合は矢印で強調される。

小さな機能追加に思えるかもしれないが、ショッピングのためのプラットフォームとして進化しようとするインスタグラムにとっては重要な一歩だ。これまでは偶然プロダクトの投稿を見たユーザーによる衝動的な購入をするのが主な流れであった。企業による投稿や広告を通して、それまで知らなかったプロダクトやブランドを発見する、といった具合だ。

新機能追加の狙い

しかし、インスタグラム上での買い物を増やすためには、できる限り多くのユーザーたちにショッピング目的で使うアプリになる必要がある。そのための方策として、新機能の「ショップ」タブのように、インスタグラム上で新プロダクトやブランドを能動的にフォローできる機能を増やそうとしているのだ。チェックアウト機能を使える有名リテーラーを増やすことでショッピング体験も向上させようとしている。

これにはリスクも伴う。プラットフォーム上でのショッピングのプロモーションをやり過ぎたり、商品購入を容易にしなければ、これまで存在していたような衝動買いのユーザーたちを失う可能性がある。「ユーザーが自覚的にすでに持っているニーズを満たすためのプラットフォームというよりは、自分ですら必要だと気づいていなかったプロダクトを見つけるプラットフォームがインスタグラムだ」とピュブリシス(Publicis)の最高コマース責任者であるジェイソン・ゴールドバーグ氏は言った。

これまでのところ、インスタグラムはインスタグラムライブ(Instagram Live)、IGTV、チェックアウトといった最近の新機能に加えて、アプリ上のリテーラーやブランドによる広告を増やすことでショッピング要素を高めようとしてきた。チェックアウト機能がローンチされたときに導入したナイキ(Nike)、アディダス(Adidas)、ザラ(Zara)といったブランドに加えて、ここ数カ月だけでもターゲット(Target)やセフォラ(Sephora)といった企業がチェックアウトを導入している。

Facebookは5月に、Facebookとインスタグラムでブランデッドストアをローンチする機能を企業向けに今後数カ月以内に展開すると発表した。これらのプラットフォーム上のストアではFacebookにおける典型的なビジネスページと比較してよりコマースに特化した機能が含まれる予定となっている。興味があるプロダクトを保存する機能やリテーラーやブランドによってキュレーションされたコレクションを閲覧する機能、といった具合だ。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【マイナビ TGC 2020 A/W】メインモデルに池田エライザ、横田真悠さらに欅坂46、日向坂46のメンバーも追加決定!メインアーティストのNovelbright、OWVからコメント到着! – PR TIMES

■ニューノーマルなTGCを盛り上げる注目の豪華出演者が追加決定! マイナビ TGC 2020 A/Wを盛り上げ … …