Home インスタグラマー インスタグラムにハマってる「石原良純」師匠は滝沢カレン

インスタグラムにハマってる「石原良純」師匠は滝沢カレン

7 second read
0
56

『石原良純のインスタより』

 タレントの石原良純と女優の広瀬すずが、1月2日放送の『しゃべくり007新春SP』(日本テレビ系)に出演した。

 番組で石原は、「『インスタ映え』が去年流行語大賞になって。ある程度の年齢になると『何がインスタ映えだよ』と。僕も最初そう思っていたんだけど、あるとき『全部否定してもしょうがない』って思ってやり始めた」と発言。

 最近ではすっかりインスタグラムにハマっているのだという。他の番組がきっかけだが、先生はモデルの滝沢カレンというから本格的だ。

 番組ではそんな石原のインスタグラムを紹介。お店で飲んだというスイカジュースの写真を本人が解説する。

「スイカにいろんなものが刺さってるんだけど、飲み物なんです。ストローと注射器がついていて、甘みを調節する。こういうときには『アップで撮って、スイカ研究所と入れると “いいね” がもらえますよ』って教わったの」

 しかし、スタジオの反応はいまいち。同じくインスタグラムをやっているという広瀬すずも、「(写真を)横から撮ればいいのになと。角度が」と指摘。

 他の共演者は「全然面白くない。おじさん日記」とバッサリ。石原も自覚があるようで、こう続ける。

「そうなの。インスタってのは基本的におじさんは見ないんだって。本当は、僕は電車だったら電車だけ撮りたいのよ。自分の顔なんか(どうだっていい)。電車電車電車、お城お城お城、ダムダムダムみたいなのがいい。でも『それをやったらあっという間にフォロワーが減るよ』って言われたの」

 ここで実際に、石原と広瀬がスタジオで「インスタ映え」にチャレンジ。広瀬自ら「『彼氏とデートなう』にしましょう」と提案し、石原を彼氏役に撮影することとなった。

 最初こそ恥ずかしがった石原だったが、「初詣デート」さながら、晴れ着姿の広瀬と手をつないで撮影。

 出来上がりはというと、「画面にほんのちょっと写っている手が広瀬すず」という豪華な無駄使いながら、石原の顔は満面の笑み。共演者からは「今どきっぽい!」「いい!」との声が寄せられていた。

 権利上の関係なのか、石原のインスタグラムにはこのときの写真は掲載されていない。広瀬すずとの手つなぎ写真が使えないなんて、もったいなさすぎる。 

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

写真集『RIE』にみる、ヌード初挑戦モデルの「自信」

被写体はお世辞 … …