Home その他 インスタグラムのフォロワー55万人以上! 気鋭のフォトグラファー福田洋昭が、春の「ロロ・ピアーナ」を着る。 | Feature – Pen-Online

インスタグラムのフォロワー55万人以上! 気鋭のフォトグラファー福田洋昭が、春の「ロロ・ピアーナ」を着る。 | Feature – Pen-Online

16 second read
0
55

ドライなタッチやフェード感のある色みが魅力のセーターは、チェーン・ヤーンを使った平編みのクルーネック。コットンシルク混紡で、サマーシーズンにうってつけの素材。コットンのブレンド率が高いこのヤーンは、包み込まれるようなやわらかさと美しい光沢が特徴的。

人物、建築、アートなど、テーマを決めたらそれだけを徹底的に撮り続けて追求するというスタイルで、自らの作風を創り上げていった福田さん。プロ顔向けの技術はいつしか多くの企業の目に止まり、コラボレーションの依頼がひっきりなしに舞い込むこととなりました。

「ニューヨークという街に暮らしていたことも、大きかったかもしれません。人もモノも風景も、興味深い素材の宝庫でしたから。ただ真剣に取り組んではいたものの、当初はお金をもらって写真を撮るなんて考えもしませんでした。撮りたいものを撮りたいように撮らなければ、自分が撮る意味はないと思っていましたしね。でも、ある高級ブランデーメーカーから『商品ではなく、インドへの旅の途中の経験を好きなように撮ってほしい』というリクエストをいただいた時、それならやってみたいなと思ったんです」

スタイルがなければ、共感もリスペクトも得られない。

軽やかさとラグジュアリー感を両立する「ザ スーツケース ストライプ トート」は、その肌触りも心地いいコットンリネン製キャンバスファブリックを使用。夏のカジュアルスタイルに最適の逸品を、アーシーなトーンに合わせて。

コマーシャリズムにおもねらない高潔な創作姿勢こそ、福田さんが多くの支持者をもつ大きな理由。スタイルを貫く妥協なきクリエイション──口で言うのはたやすいことですが、これほど実践するのが難しいことはありません。福田さんがこの日手にした「ザ スーツケース ストライプ トート」も、テキスタイルの分野において妥協なきクリエイションを続けてきた、ロロ・ピアーナらしいバッグです。象徴的なストライプ模様は、1970年代から90年代にかけて世界中を飛び回っていた、ロロ・ピアーナのセールススタッフたちが使うトランクケースに描かれていたもの。撥水・防汚加工が施されたコットンリネンのキャンバスボディと、内側のポケットや底、持ち手部分などにあしらわれたリッチなレザーが好相性で、ひと際ラグジュアリーな印象です。

スタイルがなければ、共感もリスペクトも得られない。

カメラやノートPCなど身の回りの必需品をスマートに持ち運べるタテ型トートに、リラックス&イージーなデッキシューズ。素材感や色づかいまで意識した、サマーバケーション気分を盛り上げる洒脱なコーディネートが楽しめる。

福田さんのこだわりは、使用するカメラの変遷からもうかがい知れます。スマートフォンからスタートして、より高い描写力とレンズのバリエーションを求めてCANONの6Dへ。そこから小ぶりなサイズで機動性に優れるSONYのα7シリーズ、レンズ固定ゆえ撮影に集中できるLeica-Q。そしてフィルムカメラのCONTAX T2というふうに。

「いまはフィルムカメラの味わい深い雰囲気を楽しんでいます。まだインスタグラムで公開するところまでいっていませんが、早くデジタルと同じレベルで思い通りの表現ができるようになれたらいいですね。でも実はカメラというのはそれほど大事ではなくて、いちばん大切なのは自分らしい視点で撮ること。そして感情をのせてストーリーのあるシーンを切り取ることなんです」

スタイルがなければ、共感もリスペクトも得られない。

コンパクトで汎用性の高いタテ型(写真右)や、たっぷりとマチをとった正方形タイプ(写真左)などシーンや用途に合わせて選べる全4タイプを用意。ボディカラーは写真のナチュラルだけでなく、ブラックアイリス(ネイビー)もある。「ザ スーツケース ストライプ トート」タテ型(H38×W34.5×D10cm)¥173,880(税込)、正方形タイプ(H39×W40×D36cm)¥237,600(税込)/ともにロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)

福田さんの写真には、見る者の心を揺り動かす、詩的な情感と繊細なムードが漂います。作為的ではないけれど、細部に至るまで完璧に計算されたストーリーのある写真たち。それは、高度に研ぎ澄まされた上質を追求する、ロロ・ピアーナのものづくりにも通じます。ただ高級なだけでも、美しいだけでもない。さまざまな思いやメッセージが込められた製品だからこそ得られる、真の充足がそこにあるのです。

ニット¥155,520(税込)、パンツ¥70,200(税込)、シューズ¥87,480(税込)/すべてロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 腕時計は私物

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

インスタグラム12万人超フォロワーの漫画家・ごめんの新作企画展「#オンエアー」 原宿Backstage Cafe で開催:時事ドットコム – 時事通信

[KKBOX JAPAN 合同会社] ~井上苑子、リーガルリリーとのコラボ作品も~ インスタグラムフォロワーが … …