Home モデル インフルエンサー千葉由佳、難病になり「生き方変わった」。「#ちばゆか買い」が生まれるまで(telling,) – Yahoo!ニュース

インフルエンサー千葉由佳、難病になり「生き方変わった」。「#ちばゆか買い」が生まれるまで(telling,) – Yahoo!ニュース

8 second read
0
38

コスメの情報をインスタグラムで発信している美容家の千葉由佳さん(33)は、フォロワーを13.5万人持つインフルエンサー。4月に出した初の著作となる『遅咲きちばゆか』は、発売直後、Amazon人気度ランキング1位になりました。SNS上で「ちばゆかファミリー」や「ちばゆか買い」などのハッシュタグが生まれるほど人気の千葉さんですが、過去には仕事で自信を失ったり、大きな病気になったりしたこともあるのだそう。悩んだ日々のこと、仕事への向き合い方などについて聞きました。

【画像】インフルエンサーで美容家の千葉由佳さんの撮り下ろし写真はこちら

「誰にも選ばれない」悩んだ読モ時代

――千葉さんならではの視点で美容や生き方を伝える「遅咲きちばゆか」。どんな思いを
込めたのでしょうか。

メイクやファッション、旅など女の子が大好きなテーマをぎゅっと詰め込んでいます。本はずっと出したいと思っていて、やっと実現することができました。タイトルにもあるように、「人生が花開くタイミングに遅いことはない」という思いを込めました。
30歳前後の女性は、「もう自分は若くない」や「何か始めたくても、もう遅い」などと、限界を感じたり悩んだりしやすい時期だと、私は思うんです。
本を手にとって、「自分にも何かできるかも」と思うきっかけにしてもらいたいですね。私のように誰にも選ばれなかったような人間でも、本を出すことができたのですから。

――大学生の時からファッション誌の読者モデル(読モ)として、とても活躍している印象がありました。「誰にも選ばれなかった」とはどういうことでしょうか?

小中学校時代にいじめられた経験があるため「人に好かれない人間なんだ」と思っていて、もともと自分に自信がありませんでした。
私が読モになったのは大学4年のとき。比較的デビューが遅く、周りにはすでに活躍している読モばかりでした。後発だったうえ特別な個性があるわけではない私は、全然目立てなかったんです。
例えばブログ一つ取っても、他の方とは雲泥の差。閲覧数を増やしたくて1日7回更新したこともありましたが、人気読モの足もとにも及びませんでした。
企業からPR案件などの仕事を頼まれるには、数字がすべての世界。ブログの更新頻度を上げて、依頼された仕事はすべて受けていたけれど、声をかけてもらえること自体が少なかったですね。だから読モになってからも自分に自信がなく、くすぶっていました。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

中国の新たな発展モデル、内需重視し改革開放を推進-王国家副主席 – ブルームバーグ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。 … …