Home ブロガー イーノさん 不確実性を見える化(投信ブロガー)

イーノさん 不確実性を見える化(投信ブロガー)

6 second read
0
7

 ブログ「ファンドの海」を運営するイーノ・ジュンイチさん(50代前半の男性、独身)は、IT関係のフリーランスライター。ブログ上で誰でも自由に使えるよう公開している「アセットアロケーション(資産配分)分析」は、著名な投信ブロガーの間でも自分自身の資産配分を決める際に重宝していると評判のツールだ。

 10年前から始まった投資家イベントの「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」や「インデックス投資ナイト」では初回から実行委員として活躍し、裏方仕事にもやりがいを感じつつあるというイーノさんに、資産配分を分析するツールの注目点を聞いた。

■投資信託をテーマにした個人ブログは国内初

 ――投資を始めた経緯を教えてください。

 「投資に興味を持ち始めたのは今から20数年以上前、20代の後半ですが、投資の勉強を真剣に始めたのは30歳を過ぎた頃です。金利がすっかり下がってしまい、銀行の定期預金にお金を預けていてもほとんど増えなくなったからです」

 「ただ当時は、定期預金のほかにどういった金融商品があるのか、証券会社は何をしているところかなどの知識は全くなく、マネー関連の雑誌やムック本を何冊か買って、世の中にいろんな金融商品があるのを知りました。当時はまだブログもソーシャルメディアもなかったので、本や雑誌だけがほぼ唯一の情報源でした」

 「雑誌編集の仕事をしていた当時、個別株投資は考えませんでした。株以外の金融商品に関する情報を集め出したところ、投資信託という商品があるのを初めて知りました」

 「数カ月後には証券会社の地元の支店に口座を開き、最初の投信を買いました。たしか外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)だったと思います」

 ――ブログを立ち上げたのはいつですか。

 「ちょうど日本でブログのサービスがスタートして、はやり出したタイミングの2004年にブログを始めました。編集者という職業柄、自分で文章を書くのはごく自然な成り行きでした。おそらく日本で初めて投信をテーマにしたブログだったと思います」

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

日立、ロボット搭載の自律走行装置 新モデル発売

「HiMoveRO/CR-7iA/L搭載 … …