Home モデル カワサキ Ninja ZX-10Rなど、2021年モデル5機種国内導入へ – レスポンス

カワサキ Ninja ZX-10Rなど、2021年モデル5機種国内導入へ – レスポンス

44 second read
0
63

川崎重工は11月23日、オンラインローンチで、『Ninja ZX-10R/ZX-10RR』『Z H2 SE』などを含む2021年ニューモデル5機種を発表した。

今回発表された2021年ニューモデルは、『Ninja ZX-10R』『Ninja ZX-10RR』『Z H2 SE』『KLX300』『KLX300SM』の5機種。カワサキモータースジャパンでは、2021年春頃の国内導入に向け調整を行っている。

オンラインローンチではこのほか、ハイブリッドモーターサイクルのコンセプトを発表した。エンジンとモーター、モーターのみ、充電優先などのモード切替が可能で、同社独自開発のモーターサイクル用電池パックを搭載。今後世界各国で増えていくと予想される都市部でのガソリン車乗り入れ禁止規制も考慮した。また、ハイブリッド車でありながら自動トランスミッションとクラッチを装備し、モーターサイクルの「操る悦び」も併せて追求している。

さらに、多目的オフロード四輪車で無人走行が可能な自律式MULEのコンセプトを発表。キャンプやハンティングなどのレクリエーションの場でユーザーをフォローするなど、より楽しい時間の創出に貢献する。

Ninja ZX-10R/Ninja ZX-10RR

998cc水冷4ストローク並列4気筒DOHCエンジンは、スーパーバイク世界選手権参戦マシンからのフィードバックに基づき、空冷オイルクーラーを新たに装備。全世界500台限定のNinja ZX-10RRでは、パンクル社製チタンコンロッドに加え、新たに同社の軽量ピストンを採用し、レブリミットを引き上げる。

また、一体型ウイングレットを装備し先進的なエアロダイナミクスを取り入れたカウル形状と小型ヘッドライトにより、空力性能を向上させるとともに、次世代ニンジャスタイルの指標となる新たなデザインを採用。ジオメトリーのアップデートとサスペンションセッティングの最適化により、コーナリング性能とハンドリング性能を向上させている。

装備面では、エレクトロニッククルーズコントロールやスマートフォン連携機能を備えるTFTインストゥルメントパネルなどを追加。スポーツライディングを幅広いシチュエーションで楽しむことができる。

Z H2 SE

Zシリーズのフラッグシップモデル「Z H2 SE」は、998cc水冷DOHC並列4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンを、軽快なハンドリング性能と高い剛性を発揮するトレリスフレームに搭載。ショーワ製のスカイフックテクノロジーを実装した、KECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)を装備し、よりスムーズな乗り心地を実現する。

フロントブレーキにはブレンボ製「Stylema」モノブロックブレーキキャリパーを採用。制動力とコントロール性をさらに高めている。

KLX300/KLX300SM

KLX300は軽量なデュアルパーパスモデル、KLX300SMはクールなスタイルと軽快なハンドリングを持つスーパーモタードモデル。低中速回転域の強力かつ扱いやすいパワーと、パワフルな高速回転域を両立する292cc水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載し、市街地走行からツーリングシーンまで、ライダーに楽しさと扱いやすさを提供する。

また、スリムで軽量なペリメターフレームとハイグレードなシャーシコンポーネンツを採用。デュアルパーパスモデルであるKLX300KLは21インチフロントホイールと18インチリヤホイールを、スーパーモタードモデルのKLX300SMはフロント/リヤともに17インチのホイールとオンロードタイヤを装備する。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

スバルの4車種、最も残存価値の高いモデルに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』 – レスポンス

SUBARU(スバル)の米国部門は3月2日、『ケリー・ブルー・ブック』の「2021年ベストリセールバリューアワ … …