Home モデル キャニオンがシティバイク「コミューター」の2019モデルを発売 – Cyclist(サイクリスト)

キャニオンがシティバイク「コミューター」の2019モデルを発売 – Cyclist(サイクリスト)

27 second read
0
31

 ドイツのスポーツバイクブランドの「CANYON」(キャニオン)から、シティバイク「コミューター」の2019モデルが発売された。見た目にこだわったシンプルなデザインで、日常の移動に便利なキャリアや泥除けを搭載したモデルだ。

「コミューター」シリーズの2019年モデルが発売される ©CANYON

 「コミューター」シリーズは2015年からラインナップしているシティバイク。シンプルなデザインが特徴で、レッドドットデザイン賞やiFプロダクトデザイン賞の受賞歴を持つ。

 シリーズ共通で軽量のアルミフレームにカーボンフォーク、制動力に優れる油圧のディスクブレーキを搭載した。また、充電不要な前後ハブダイナモライトや泥除け、リアパニアバッグマウントも付属。普段使いの利便性を高めて、毎日の通勤・通学からサイクリングまで対応する。

ハイエンドモデルの「コミューター8.0」はハンドル周りがインテグレーテッドデザイン ©CANYON
「コミューター6.0」はフェンダーにフロントライトが付属 ©CANYON

 ハイエンドモデルのコミューター8.0と7.0はフレームとハンドルを一体化させ、フロントライトを内蔵するインテグレーテッドデザイン。見た目にもこだわった。

 コミューター8.0から5.0、スポーツコミューター8.0と5.0は内装変速式のベルトドライブを採用。コミューター4.0と3.0は外装変速となっている。また、キャリアや泥除けを省略した軽快な仕様の「コミュータースポーツ」もラインナップする。

■「コミューター」ラインナップ
コミューター 8.0(Shimano Alfine 11S内装変速ベルトドライブ):269,000円
コミューター 7.0(Shimano Alfine 8S内装変速ベルトドライブ):229,000円
コミューター 6.0(Shimano Alfine 11S内装変速ベルトドライブ):189,000円
コミューター 5.0(Shimano Nexus 8S内装変速ベルトドライブ):159,000円
コミューター 4.0(Shimano SLX M7000 11S):119,000円
コミューター 3.0(Shimano SLX M6000 10S):89,000円

■「コミュータースポーツ」ラインナップ
コミュータースポーツ 8.0(Shimano Alfine 11S内装変速ベルトドライブ):215,000円
コミュータースポーツ 5.0(Shimano Nexus 8S内装変速ベルトドライブ):109,000円

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ヘイリー・ビーバー、ランウェイモデルはもう引退? – ELLE

ヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber) JP YimGetty Images 先週インスタグラムのス … …