Home モデル キャラや3Dモデル、手軽に生成 プリファード – 日本経済新聞

キャラや3Dモデル、手軽に生成 プリファード – 日本経済新聞

14 second read
0
90

高精細な3Dモデルを簡単に作成できる

人工知能(AI)開発のプリファード・ネットワークス(東京・千代田)は、人物の上半身のCG(コンピューターグラフィックス)画像やモノの3Dモデルを簡単に作れるシステムを開発した。アニメやゲーム、広告などを制作する際、クリエーターらの作業の手間を減らせる。コンテンツ制作会社の需要を取り込む。

キャラクターの上半身のCG画像を生成できるほか、モノの3Dモデルも生成できる。上半身生成はAIの一種である深層学習の技術を活用。制作者が決めた髪の色や表情に合ったキャラクターを作れる。キャラクターの顔だけを生成できる既存技術を発展させた。

3Dモデル生成は、ものを3Dスキャンすると市販の編集ソフトで加工できる3Dモデルのデータを自動で作れる。様々な材質、大きさに対応している。

プリファードはコンテンツ分野の事業を強化している。2020年にはグリーのゲーム事業子会社、WFS(東京・港)と共同開発を始め、イラストや漫画の制作を手掛けるフーモア(東京・中央)にも出資している。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【ZARA高見えトップス】おしゃれ読者ブロガーの“一目惚れ”アイテム(集英社ハピプラニュース) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

【ZARAトップス】華組 CNさん タイプライターのような高見え素材の一目惚れブラウス。シンプルなものより、ち … …