Home モデル キャロウェイから意外な伏兵登場!? ビッグバーサ ドライバー(2021年モデル) – ゴルフダイジェスト・オンライン

キャロウェイから意外な伏兵登場!? ビッグバーサ ドライバー(2021年モデル) – ゴルフダイジェスト・オンライン

24 second read
0
58

【ミヤG】
キャロウェイから限定モデルとして発売されているのが、こちらの「ビッグバーサ ドライバー」。キャロウェイセレクトストアと公式オンラインストアでのみ販売されています。

【ツルさん】
最大級のドローバイアス設計が特徴のモデルとなっていて、対象ゴルファーはスライスで飛距離をロスしている人。フェース裏の二本柱「ジェイルブレイク テクノロジー」や、AIを使って開発した「フラッシュフェース」の最新版も採用されています。

【ミヤG】
ヘッド後方がとんがっていて、三角形みたい。少し変わったヘッド形状になっています。正直、見た目はあまりカッコ良くないかな…。

【ツルさん】
構えてみると、フェースアングルはスクエアからオープンに見えるし、ライ角もフラットめに感じます。そこまで球がつかまりそうな雰囲気はありません。ソールに目をやると、トウ側とヒール側に大きな凹みが作られていて、ゴルファーに往年のビッグバーサを彷彿とさせるデザインになっていますね。では、打ってみましょう!

【ミヤG】
おぉ! なんだか奇跡の一発が出ました(カメラが回ってないときだけど…)。ボール初速が64.5m/sも出て、スピン量が約2000回転。ランを含めると270ヤードも飛んじゃいました! 飛びのポテンシャルが高いドライバーだと思います!!! けれど、基本的には僕が打つとフックになっちゃいますね。キャロウェイが言うとおり、球がよくつかまるモデルです。

【ツルさん】
自然に球がつかまるというよりも、自分が球をつかまえたいときに、ちゃんとつかまえられるドライバーのように僕は感じました。ヘッドの挙動は、わりとニュートラルです。この「ビッグバーサ ドライバー」のおもしろいところは、高慣性モーメント設計ながら低・浅重心を採用しているところ。そのおかげでスピン量が少なく、球が強い!

【ミヤG】
僕の奇跡の一発は、もう二度と出ないみたい。あれは計測ミスだったのか……。

【ツルさん】
芯に当たれば、ありえる数値だと思いますよ。「フラッシュフェース」のおかげで最高ボール初速を出しやすいし、オフセンターヒットでも初速が落ちにくい。芯をくったときの打感もいいし、これはあなどれないドライバーです。

【ミヤG】
しっかり振っていけるモデルですよね。僕のヘッドスピード(43m/s)でフレックスSなら、頼りなさはまったく感じませんでした。

【ツルさん】
ドロー設計のドライバーには軽量モデルが多いのですが、「ビッグバーサ ドライバー」は総重量が約300g。僕のヘッドスピードでも振り応えがありました。少しパワーのあるスライサーにはちょうどいいと思います。キャロウェイから「エピック フラッシュ」、「マーベリック」に続く第三の選択肢として、意外な伏兵が出てきましたね。

■ 試打したクラブのスペック

キャロウェイ ビッグバーサ ドライバー(2021年モデル)
●ロフト角:10.5度 ●シャフト:Speeder Evolution for CW ●硬さ:S

■ マイクラブ情報

ミヤG:テーラーメイド M5 ドライバー
●ロフト角:10.5度 ●シャフト:Speeder 569 EVOLUTION VI ●硬さ:S

ツルさん:テーラーメイド SIM MAX ドライバー
●ロフト角:10.5度 ●シャフト:VENTUS 6 ●硬さ:X

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

任天堂、Nintendo Switch本体に「モンスターハンターライズ」特別モデル–3月26日発売 – CNET Japan

 任天堂は1月27日、Nintendo Switch本体の新たなラインアップとして、「Nintendo Swi … …