Home モデル キャンパー鹿児島はニューモデル rem repose を出品、リチウムイオンバッテリー KULOS の説明会も…ジャパンキャンピングカーショー2018

キャンパー鹿児島はニューモデル rem repose を出品、リチウムイオンバッテリー KULOS の説明会も…ジャパンキャンピングカーショー2018

16 second read
0
178

キャンパー鹿児島のブースでは、今回が初公開となるキャブコンバージョンモデル『rem repose(レム・レポーズ)』などの展示のほか、同社自慢の車載用蓄電システム『KULOS』の説明会を開催、盛況を見せた。

今回初公開となるrem reposeは、トヨタ『ハイエース』をベースに、後部に専用シェルフを持つキャブコンバージョンタイプのキャンピングカーだ。

カムロードベースのキャブコンバージョンタイプなど、すでに国産車でもトラックをベースにしたタイプなど、キャブコンバージョンタイプのキャンピングカーは存在した。しかし、ハイエースベースのものはないか、という声は少なくなかった。取り回しの良さ、比較的乗用車に近い雰囲気などで近年少しずつ増えてきている。

rem reposeで注目したいのは、キャンパー鹿児島のいわばフラッグシップモデルでもありながら、機能や装備を誇るモデルではないという点だ。「選択と集中」が明確で、トイレやシャワーは展示車には設けられていない。実は、かなり使い込んだトイレ付きキャンピングカーなどを下取りたときに、一度も使われていないクルマは少なくないそうだ。その分のスペース広く使えたらというユーザーの声もあったのだという。

rem reposeの特徴はまずエントランス。ハイエースがベースであることをしっかり主張する、大聞く開くスライドドア式エントランス。そこからの景色を楽しめるように、このモデル専用の、しかし家庭のリビングにおいてもそん色のない、たっぷりとした大きさのソファーがエントランスに向けて設置されている。景色のいいところに停めてここから風景を楽しむ。そんな旅をしたい方にはぴったりの一台ではないだろうか。

「キャブコンバージョンならこうあるべき!」という既成概念にはとらわれず、とにかく自由で、ほかにはない個性あふれる一台を求めているユーザーにはうってつけだ。

また、このrem reposeにも搭載される、キャンパー鹿児島が手掛ける、車載用蓄電池システムKULOSの説明会も賑わいを見せていた。電気製品がストレスなく使えることはもはやアウトドアで重要なポイントだ。

さらに最近のキャンピングカー人気のきっかけに東日本大震災も関係しているといわれている。今では走行充電やソーラーシステムなど、キャンピングカー選びの重要なポイントが蓄電ではないだろうか。

キャンパー鹿児島が販売するKULOSは、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した蓄電システムだ。バッテリー自体は日産『リーフ』のものと同じタイプで、容量5000WH。高価だが、エネルギー密度が高く、充放電のエネルギー効率が高いうえに、自己放電が小さい特徴がある。

これをベースに構築したシステムは寿命が長く、70%使用して満充電にした場合で3000回、毎日充電を繰り返しても7年もつという計算だ。実際はきっちり毎日この様に充電するケースは少ないので、クルマの寿命程度は持つことがほとんどではないか。こんな話を、具体的な事例などを交えての説明会も開かれた。

そのほか、オートバックスグループの4拠点でもキャンパー鹿児島のキャンピングカーが購入でき、そのコラボレーションに関しての紹介もあった。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

SNS世代1600人を徹底調査 好きなユーチューバー&インフルエンサーTOP5 – WWD JAPAN.com

 「WWDジャパン」12月2日号は“SNS世代”特集。全国の服飾専門学校生約1600人にアンケート調査を行い、 … …