Home モデル グレッチからダブル・カッタウェイ仕様のJetとセンター・ブロック・モデルが登場 – BARKS

グレッチからダブル・カッタウェイ仕様のJetとセンター・ブロック・モデルが登場 – BARKS

2 min read
0
22

グレッチのエレクトロマティック・コレクションから、Jetのダブル・カッタウェイ・モデル「G5232T Electromatic Double Jet FT with Bigsby」、ダブル・カッタウェイ仕様のセンター・ブロック・モデル「G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby」、そして、ダウブル・カッタウェイ&レフトハンド仕様のセンター・ブロック・モデル「G5622LH Electromatic Center Block Double-Cut with V-Stoptail Left-Handed」が登場した。

■G5232T Electromatic Double Jet FT with Bigsby

アーチド・メイプル・トップ&マホガニー・バックのチャンバード・ボディ構造を用いたダブル・カッタウェイのモデル。カラーはミッドナイト・サファイア、ダーク・チェリー・メタリック、カジノ・ゴールド、タヒチ・レッドの4色をラインナップ、すべてマッチング仕様を採用している。


▲G5232T Electromatic Double Jet FT with Bigsby (Midnight Sapphire)

▲G5232T Electromatic Double Jet FT with Bigsby (Dark Cherry Metallic)

▲G5232T Electromatic Double Jet FT with Bigsby (Casino Gold)

▲G5232T Electromatic Double Jet FT with Bigsby (Tahiti Red)

パーロイド・ネオクラシック・サムネイル・ポジション・インレイを施したローレル指板にマホガニー・ネックを組み合わせ、セットネック・ジョイントを採用。ピックアップはブラック・トップ・フィルタートロンを搭載し、コントロールはトレブル・ブリード・サーキットを備えたマスター・ボリューム、各ピックアップ・ボリューム、マスター・トーンを配置。マシンヘッドやGアロー・コントロール・ノブなどのハードウェアはクロームで統一され、ビグスビー・ライセンスドB50ヴィブラート・テイルピースを搭載する。

ブリッジ下のベースを介さずアジャストマティック・ブリッジをダイレクト・マウントしているので、激しい演奏でもブリッジがズレることがないのもポイントだ。プロフェッショナル・コレクションまでは手の届かないながら、本格的なグレッチ・ギターを望む人やストリームライナー・コレクションからのステップ・アップとしても最適なモデルとなっている。

■G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby

演奏性の高い1.75インチ(44.45mm)厚のダブル・カッタウェイ・ボディにスプルース・センター・ブロックを採用し、ダイナミックな音響特性とセンター・ブロックらしいパワフルなサウンドを両立したモデル。オレンジ・ステイン、インペリアル・ステイン、ダーク・チェリー・メタリック、ジョージア・グリーン、アスペン・グリーンの5色をラインナップする。


▲G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby (Orange Stain)

▲G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby (Imperial Stain)

▲G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby (Dark Cherry Metallic)

▲G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby (Georgia Green)

▲G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby (Aspen Green)

スプルース材のセンターブロックはチェンバード加工することでアコースティックな響きと軽量化を実現し、不要なフィードバックを起こしにくい設計。パーロイド・ネオクラシック・サムネイル・ポジション・インレイを施したローレル指板にメイプル・ネックを組み合わせ、セットネック・ジョイントを採用する。

ピックアップは明快なクリーン・トーンとアグレッシヴなドライヴ・サウンドが持ち味のブラックトップ・ブロードトロンを搭載。コントロールはトレブル・ブリード・サーキットを備えたマスター・ボリューム、各ピックアップ・ボリューム、マスター・トーンのレイアウト。ブリッジ下のベースを介さずアジャストマティック・ブリッジをダイレクト・マウントしているので、激しい演奏でもブリッジがズレることはない。プロフェッショナル・コレクションまでは手の届かないながら、本格的なグレッチ・ホロー・ボディーを望む人やストリームライナー・コレクションからのステップ・アップとしても最適なモデルだ。

■G5622LH Electromatic Center Block Double-Cut with V-Stoptail Left-Handed

演奏性の高い1.75インチ(44.45mm)厚のダブル・カッタウェイ・ボディにスプルース・センター・ブロックを採用し、ダイナミックな音響特性とセンター・ブロックらしいパワフルなサウンドを両立したレフトハンド・モデル。カラーは鮮やかなジョージア・グリーン。


▲G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby (Aspen Green)

チェンバード加工したスプルース材のセンターブロック、パーロイド・ネオクラシック・サムネイル・ポジション・インレイを施したローレル指板、メイプル・ネック、セットネック・ジョイント、ブラックトップ・ブロードトロン・ピックアップ、ダイレクト・マウントのアジャストマティック・ブリッジといったスペックは「G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby」と同様。マシンヘッドやGアロー・コントロール・ノブなどのハードウェアはニッケルで統一。ビグスビーは搭載せず、グレッチ・オリジナルのVストップ・テイルピースを搭載している。

製品情報

◆G5232T Electromatic Double Jet FT with Bigsby
価格:オープン
◆G5622T Electromatic Center Block Double-Cut with Bigsby
価格:オープン
◆G5622LH Electromatic Center Block Double-Cut with V-Stoptail Left-Handed
価格:オープン
発売日:2019年12月6日

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

“モデル”藤戸千雪「earth music&ecology」とコラボ 甘辛コーデ着こなす(オリコン) – Yahoo!ニュース

 テレビアニメ『ランウェイで笑って』に登場するキャラクターでモデルの藤戸千雪が、「earth music&ec … …