Home モデル コスパに優れたモデルは? 4万円前後のミッドレンジ「Xperia 10 II」「Galaxy A41」「LG style3」を徹底比較(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュース

コスパに優れたモデルは? 4万円前後のミッドレンジ「Xperia 10 II」「Galaxy A41」「LG style3」を徹底比較(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュース

35 second read
0
22

 今夏からスマートフォン販売の新定番となりつつあるのが、4万円前後からそれ以下のミドルクラスだ。大手キャリアのAndroidでもミッドレンジモデルが複数投入され競争が活発化している。

画面サイズの差

 理由としては、2019年10月から改正された電気通信事業法により、スマートフォンの割引額を最大2万円とする規制の影響が大きい。結果、今夏は規制後の価格でも購入しやすく、ある程度性能の高い4万円前後のミドルクラスが充実してきたというわけだ。

 そこでこの記事では、各キャリアが販売するミドルクラス3機種であるXperia 10 II、Galaxy A41、LG style3の特徴と性能をチェックした。従来ユーザー注目のXperia 10 IIはもちろん、カメラ画質に注力したGalaxy A41やハイエンドCPU搭載のLG style3など、それぞれとがった特徴を持った魅力的なモデルとなっている。

ミドル3機種はサイズも機能も売れ筋狙いの真っ向勝負

 まずは3モデルの概要とデザインから見ていこう。今回の比較では、いずれもドコモ向けの「Xperia 10 II SO-41A」「Galaxy A41 SC-41A」「LG style3 L-41A」を検証している。

 共通した特徴として、6型前後の有機ELディスプレイと複数のカメラ、日本ではおなじみの防水・防塵(じん)性能とおサイフケータイを搭載。3機種とも手ごろな価格で画面が大きく、カメラ画質もよさそうという、売れ筋を狙ったモデルだ。

 この他、ストレージはいずれも64GBでmicroSDスロットを搭載。ヘッドフォン端子も搭載する。ただしワンセグとフルセグには非対応だ。

 機能がここまで似通っていると、差異化のポイントはデザインや実際のカメラ画質、処理性能や使い勝手など、実際に触らないと分からない部分が中心となってくる。

買い替え需要に応えるスリムモデル「Xperia 10 II」

 ドコモ、au、Y!mobileから販売されている、Xperiaの最新ミドルクラス。ハイエンドのXperia 1 IIを小型にしたような形状だが、マットな風合いで丸みを帯びた柔らかみのあるデザインとなっている。ドコモオンラインショップでは支払総額4万1976円(税込み、以下同)で販売されている。

 特徴は、超広角と望遠を含むトリプルカメラ搭載と、幅約69mmのスリムさだ。また、以前のXperiaと同じく側面に電源キーと指紋センサーを一体化したボタンを搭載。発売から3~4年ほどたつ「Xperia XZ」や「Xperia XZs」あたりから買い替えても、違和感なく使えるだろう。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

土屋太鳳、横から捉えた“はちきれEカップ”神ショットが「必見モノ」! – ニフティニュース

 9月10日、女優の土屋太鳳がインスタグラムを更新。相変わらずのはちきれバストを見せてくれた。その反響は広がる … …