Home その他 コロナ禍でフォロワー急増 三重県庁の担当者は考えた [新型コロナウイルス] – 朝日新聞デジタル

コロナ禍でフォロワー急増 三重県庁の担当者は考えた [新型コロナウイルス] – 朝日新聞デジタル

8 second read
0
35

 三重県の公式ツイッターが、フォロワー数を急速に伸ばしている。4月だけで倍増以上の勢いだ。新型コロナウイルスの感染が広がるなか、スピードや正確性が求められる自治体による情報発信。でも、担当者はつぶやくときに考えた。それだけでいいのか――。

 「外出自粛のこんな時こそ、自宅で今をトキメク三重の方言を再確認してみてはいかがですか?」

 緊急事態宣言の対象が全国に拡大され、「STAY HOME(家にいて)」の意識が広まるなか、4月19日の投稿ではこんな呼びかけとともに、三重の方言を学べるリンクを張り付けた。そして、末尾にはこんなつぶやきを。

 「終息時には、三重弁がぺらぺらに」

 三重県がツイッターを広報の手…

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

大島優子がインスタに真っ黒の画像を投稿 黒人死亡事件の抗議に賛同? – ライブドアニュース – livedoor

大島優子(31)が2日、自身のインスタグラムに真っ黒の画像を投稿した。 先月25日、米ミネソタ州で無抵抗の黒人 … …