Home モデル コンテナの技術を使って 強靭性向上モデルの無害化もローコストで安全に – 日経クロステック Special – 日経テクノロジーオンライン

コンテナの技術を使って 強靭性向上モデルの無害化もローコストで安全に – 日経クロステック Special – 日経テクノロジーオンライン

24 second read
0
13

各種ソリューションをラインアップし
改訂版ガイドラインにスムーズに対応

一方、ジェイズ・コミュニケーションでは、2019年秋にローカルコンテナ技術に基づく「RevoWorks Browser」を市場投入。こちらは、クライアントPC内のローカル領域とは分離されたコンテナ領域を作成し、その領域で実行される仮想ブラウザがインターネットアクセスを行うという仕組みである。「コンテナ領域とローカル領域は、基本的にデータのやり取りが行えないようになっているため、マルウエアがクライアントPCに影響を及ぼすことはありません。また、ローカル領域内のデータが予期せず漏洩する懸念もありません」と東谷氏は説明する。

既述のように、新ガイドラインに盛り込まれることが想定されるβモデルでは、現状、LGWAN接続系にある業務PCのインターネット接続系への配置転換により、利便性・効率性の向上が目指されることになる。RevoWorks Browserはまさに、そうした環境でのWebアクセスに強固なセキュリティ対策を実現する。

「新型コロナウイルスの感染拡大という状況を受け、民間企業を中心にテレワークの導入が加速し、Web会議の利用が浸透してきている状況です。RevoWorks BrowserはPCのカメラやマイクといったローカルリソースが利用できるため、Web会議のニーズにも応えることができます」と東谷氏は付け加える。

さらに同社では、2020年春に仮想デスクトップソリューションである「RevoWorks Desktop」をリリース。その特徴は、サーバー側でデスクトップ環境の仮想化を行って業務端末に画面転送を行うのではなく、RevoWorks Browserと同様、端末側にローカルコンテナを作成するというアプローチをとっていることだ。「専用サーバーやストレージの設置も不要、業務端末単体で仮想デスクトップ環境を実現可能。RevoWorks Desktopの活用により、LGWAN系のアプリケーションをセキュアにご利用いただくこともできます」と東谷氏は語る。

ジェイズ・コミュニケーションでは先頃、SCVXをRevoWorksブランドのもとに統合。名称を「RevoWorks SCVX」と改めた。「今後、当社では、国産ブランドならでは強みを生かし、お客様の声に真摯に耳を傾けながら、これらRevoWorksの各ソリューションを継続的にブラッシュアップする予定です。常に変化を遂げるセキュリティ対策の要請に対応する自治体様の取り組みを万全な体制で支えていきます」と東谷氏は同社のアドバンテージを強調した。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

インフルエンサーに1回3,000円からPR依頼できる!スナップレイスのインスタグラムツールにPR依頼機能が搭載! – 時事通信

[合同会社SNAPLACE] スナップレイスのインスタグラム運用・分析ツール「スナップレイス解析」に、1回3, … …