Home モデル シトロエン C5、6年ぶり復活か…後継モデルはクロスオーバー風? – レスポンス

シトロエン C5、6年ぶり復活か…後継モデルはクロスオーバー風? – レスポンス

13 second read
0
148

シトロエンがかつて発売していた欧州Dセグメント・セダン/ワゴン『C5』。その後継モデルの最新プロトタイプを、カメラが捉えた。C5は、2007年から2015年まで生産された第2世代を最後に販売が終了していたが、6年ぶりに市場に帰ってくることになる。

捉えたプロトタイプは、直立したフロントエンドに新設計されたグリル、ブーメラン型の縦スラットが入ったワイドなエアインテーク、スリムなヘッドライトの一部など、最終デザインが露出している。

市販型では、プジョー『508』と共有する、PSAグループの最新「EMP2」プラットフォームを採用。ボディはリフトアップされ、ハッチバック風リアエンドを持つクロスオーバールックとなり、2016年のパリモーターショーで公開された「CXPERIENCE CONCEPT」(Cエクスペリエンス・コンセプト)にインスパイアされたデザインが予想されている。

キャビン内では、一対の大型スクリーンとフルデジタル・インストルメントクラスタの搭載が濃厚だ。

パワートレインの詳細は不明だが、直列3気筒、直列4気筒ガソリン及びディテールエンジンがラインナップするほか、プラグインハイブリッドも期待されている。

C5後継モデルのワールドプレミアは、最速で4月の上海モーターショーで、セダンとワゴンの設定はされないと予想している。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

都市封鎖法制を求める声も 「人頼み」の日本モデルに限界 – 産経ニュース

会見を終え降壇する菅義偉首相。右は政府分科会・尾身茂会長=30日午後、首相官邸(春名中撮影) 政府が新型コロナ … …