Home モデル シマノ アイウェアラインアップ 2021モデルではオリジナルレンズを採用 – 新製品情報2021 – cyclowired(シクロワイアード)

シマノ アイウェアラインアップ 2021モデルではオリジナルレンズを採用 – 新製品情報2021 – cyclowired(シクロワイアード)

1 min read
0
115


シマノのラインアップから、アイウェアをピックアップ。プロのニーズにも応えられるハイスペックモデルS-PHYREの2種と、スタンダードモデルのEQUINOX、入門グレードのSPARKを紹介しよう。


シマノ S-PHYRE X(メタリックブラック) (c)シマノ
シマノ S-PHYRE X(マットメタリックレッド)シマノ S-PHYRE X(マットメタリックレッド) (c)シマノシマノ S-PHYRE X(マットメタリックホワイト)シマノ S-PHYRE X(マットメタリックホワイト) (c)シマノ

アパレルだけではなくアイウェアも手掛けるシマノ。2021年モデルではシマノオリジナルのRIDESCAPEレンズをアセンブルし、走行シチュエーションに適した視界を得られるモデルに進化している。

RIDESCAPEレンズというのは、使用されるフィールドに合わせて開発されたシリーズのことであり、ロードにはロード用、曇りには雲り用と選び分けられるような展開をしているレンズだ。日本で展開されるレンズはRIDESCAPE RD(ロード)とRIDESCAPE CL(クラウディ)の2種類。

ロード用は晴れ間の舗装路で使うことを想定しており、特定の色が強調される設計がされており、遠くの障害物や路面の凹凸をハイコントラストで見ることができるという。クラウディは曇り空/低光量のシチュエーション用のレンズ。可視光線透過率は82%だが、反射防止コーティングが施されており、対向車のヘッドライトによるぎらつきを抑えてくれるという。

シマノ S-PHYRE R(ブラック、RIDESCAPE RD)シマノ S-PHYRE R(ブラック、RIDESCAPE RD) (c)シマノ
シマノ S-PHYRE R(ブラック、フォトクロミックDグレイ)シマノ S-PHYRE R(ブラック、フォトクロミックDグレイ) (c)シマノ
シマノのポリアミド製レンズは紫外線を99%カットするUV400コーティングと傷防止コーティングが採用されているという。また、ハイドロホビックという撥水テクノロジーも用いられているため、水滴はもちろんホコリ等が付着しにくくなっている。

これらのレンズを採用するのが、今回紹介するS-PHYRE X、S-PHYRE R、EQUINOX、SPARKという4種類。S-PHYRE XはグリルアミドTR90を素材とするハーフリムフレーム+大型一眼レンズを採用したモデル。レンズ下部のフレームのようなものは着脱可能なダンパーであり、カラーカスタマイズや装着の有無でスタイルを変えられるようになっている。

テンプルはスリップしにくい形状とされていることに加え、TPEを採用したソフトテンプルチップが装着されている。また、リバーシブルノーズパッドも搭載しており、高いフィット感を発揮するはずだ。レンズはRIDESCAPE RDとスペアにRIDESCAPE CLが選ばれている。ダンパーは4色付属する。価格は23,100円(税込)。

シマノ EQUINOX(マットブラック)シマノ EQUINOX(マットブラック) (c)シマノシマノ EQUINOX(マットブラック、フォトクロミックDグレイ)シマノ EQUINOX(マットブラック、フォトクロミックDグレイ) (c)シマノ

シマノ EQUINOX(メタリックホワイト)シマノ EQUINOX(メタリックホワイト) (c)シマノシマノ EQUINOX(メタリックレッド)シマノ EQUINOX(メタリックレッド) (c)シマノ

S-PHYRE Rはリムレス+大型1眼レンズとした軽量モデル。リムレスのため視界を遮るものがなく、広い視野を得られることが特徴だ。S-PHYRE X同様のテンプル形状とチップ、ノーズパッドを採用しているため、適切なフィット感で着用できるはずだ。

S-PHYRE RはRIDESCAPE RDとRIDESCAPE CLを組み合わせたモデルと、フォトクロミックDグレーとRIDESCAPE CLがセットのモデルの2種類が用意されている。フォトクロミックレンズはプロチームと共同開発した調光レンズであり、1枚であらゆるシチュエーションをカバーできるようになっている。価格は21,780円(税込)。

シマノのアイウェアのスタンダードモデルであるEQUINOXがモデルチェンジとなる。ハーフリムを採用することで、ねじりや曲げに強い剛性を獲得しており、しっかりとしたフィット感を得られる。もちろんスリップ防止R形状のテンプルやTPEチップ、リバーシブルノーズパッドは採用されている。

シマノ SPARK(メタリックホワイト)シマノ SPARK(メタリックホワイト) (c)シマノ
シマノ SPARK(マットブラック)シマノ SPARK(マットブラック) (c)シマノシマノ SPARK(ブロンズゴールド)シマノ SPARK(ブロンズゴールド) (c)シマノ

ラインアップは多岐に渡り、RIDESCAPE RDレンズとPCクリアレンズがセットのモデルには、フレームカラーがマットブラック、メタリックホワイト、メタリックレッドの3色が用意された。フォトクロミックグレーレンズのみのモデルは、マットブラックフレームの1色展開。価格は15,400円(税込)。

入門グレードのSPARKもRIDESCAPEレンズを採用していることが特徴。UCIワールドチームと共同開発した一眼レンズデザインが採用されており、スポーティーな雰囲気を演出している。レンズはRIDESCAPE RDとPCクリアの組み合わせ。フレームはマットブラック、メタリックホワイト、ブロンズゴールドの3色。価格は12,100円(税込)。

シマノから2021年モデルのアイウェアが登場しているシマノから2021年モデルのアイウェアが登場している (c)シマノ


シマノ S-PHYRE X
カラー:メタリックブラック、マットメタリックホワイト、マットメタリックレッド
レンズ:RIDESCAPE RD
スペアレンズ:RIDESCAPE CL
付属品:アンダーリム4色
価格:23,100円(税込)

シマノ S-PHYRE R
カラー:ブラック(RD)、ブラック(PHフォトクロミックDグレイ)
レンズ:RIDESCAPE RD、フォトクロミックDグレイ
スペアレンズ:RIDESCAPE CL
価格:21,780円(税込)

シマノ EQUINOX
カラー:マットブラック(RD)、メタリックホワイト(RD)、メタリックレッド(RD)、マットブラック(PH)
レンズ:RIDESCAPE RD、フォトクロミックDグレイ
スペアレンズ:クリア(※フォトクロミックDグレイの場合は付属なし)
価格:15,400円(税込)

シマノ SPARK
カラー:マットブラック、メタリックホワイト、ブロンズゴールド
レンズ:RIDESCAPE RD
スペアレンズ:クリア
価格:12,100円(税込)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【テスラ モデル3 2900km試乗】驚異的な性能だが、まだ万人にオススメはできない[後編] – レスポンス

テスラのミッドサイズセダン『モデル3』での2900kmロングドライブ。前編は旅を支える航続性能と充電に関してリ … …