Home モデル ジェンダーの枠を越え自分らしさを発信するRYUCHELLの圧倒的説得力。 – Pen-Online

ジェンダーの枠を越え自分らしさを発信するRYUCHELLの圧倒的説得力。 – Pen-Online

10 second read
0
119

1998年頃 3歳。幼少の頃、3人の姉に着せ替え人形のように女の子の服を着せられていたという。そのことも、「RYUCHELL」のたぐいまれな個性を形作ったひとつのファクターかもしれない。

1999年頃 4歳。物心がつく4歳頃になると、自らの意思でもファッションを楽しむように。男女の服を分け隔てなく自分らしく着こなすスタイルは、この頃から培われてきた。

「パパだからママだから、じゃなくて自分たちの得意なことを手分けしてやるのがいいと思う。ぺこりん(妻)が洗濯、僕が料理って感じで。家事も育児も女の人がやるのが当たり前っていうのはおかしいし、イクメンって言葉にも違和感を感じます。男の人も、自分の子どもを育てるのは当たり前のことなのに。世の中に育児をやらない男の人が多いのはわかるけど、みんながそうだとは思わないでほしい」

そう語るRYUCHELLさんは、子どもが生まれてすぐに勉強を始め、育児セラピスト1級と食育カウンセラーの資格を取得した。子どもを育てていくには、愛情だけでなく育児に関する知識も必要だと考えたからだ。

「子どもの成長過程で、この時期にはこういう脳の働きによって、こういう感情が芽生える……と知っておけば、親としての意識が変わると思います。いま、リンク(息子)はちょうどイヤイヤ期なんですが、知識がないと『なんで言うこと聞いてくれないの!』ってなっちゃうけれど、心の成長に必要な過程なんだって理解すると、余裕をもって接してあげられるはず。あと、食事は心と連動しているので、すごく大事です。食事を通して親と子の間に信頼や愛着が生まれるんですよ」

2011年頃 16歳。中学生の頃は、周囲の目を気にして男の子らしいふるまいを心がけてきたが、高校では自分らしさを全開に。そのために知り合いがいない他学区の高校へ入学したという。

2012年頃 17歳。文化祭などのイベントの際には、フェアリーバービーなどに扮し、一躍学校の人気者に。中学時代に隠してきた個性を解放することで、性別関係なく幅広い友人ができたという。

子育てのモットーは〝自己肯定感を高めてあげること〞。強く、ポジティブに生きていくための土台をつくるのが親の役目だと考えている。

「大人になって思うのは、自分自身を好きじゃない人が多いなぁってこと。自分には無理だと決め付けているから、夢も見つからない。なにかを叶えるチャンスをつかみ取るには自己肯定感が必要だと思うんです。だからこそ、親は全力で子どもの存在を肯定してあげるべき。親が子を愛してるのは当たり前だから、と言葉で伝えるのをサボると、子どもは『自分は存在しなくていいのかな』と思ってしまうかも。僕は、『あなたが生まれてきて、本当にうれしかったんだよ』『生まれてきてくれてありがとう』と毎日一回は必ず伝えて、愛をいっぱい注いでいます」

自己肯定感を高めるとともに、社会の多様性についても伝えたい。パパとママがいる家族もあれば、ママがふたりだったり、親はパパひとりだけだったりすることもあると、絵本などを通して自然に学べるように努めている。

2012年頃 17歳。普段から女生徒の友だちに囲まれて過ごした高校時代は、見た目もすっかり女子。高校入学直前に始めていたツイッターはすぐに注目を集め、多くのフォロワーから支持を得るようになる。

2015年頃 20歳。テレビ番組の『行列のできる法律相談所』に現在の妻であるぺこと出演。ジェンダーを超えたこれまでにないキャラクターが話題を呼ぶ。以降「ぺこ&りゅうちぇる」としてバラエティ番組で活躍。

多様な個性が多様なまま認められる社会で、自分の人生を自分の色で生きていこう。それは、RYUCHELLさんが発信し続けているメッセージだ。昨年発売されたファーストアルバムに収録された曲にも、「普通を変えよう」「誰が決めたの? 男らしさ、女らしさとか」など、ジェンダーをはじめとする固定的概念に疑問を呈する言葉がちりばめられている。

「ジェンダー、年齢、地域、収入……いろんな違いをもった人たちが、自分の色で好きな道を生きていける。これからは、そんな社会をつくっていく活動をしていきたいと思っています」

そんな言葉の向こうには、無数の個性が各々の色で輝いている社会が見える。RYUCHELLさんが愛してやまないガールズムービーのように、キラキラと鮮やかに。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

フォロワー26万人の美少女コスプレイヤー・紗愛「大事故だった初めてのコスプレ」 – マイナビニュース

キュートなルックスとセクシーなコスプレ写真でSNSを中心に人気を博す、Twitterのフォロワー数が23万人超 … …