Home モデル スタイリッシュでコンパクトな、4ドアモデルが欲しいなら – GQ JAPAN

スタイリッシュでコンパクトな、4ドアモデルが欲しいなら – GQ JAPAN

55 second read
0
68

アンダーステアなどを抑制するARB(タイヤスリップ・コントロール・ユニット)を採用。各種運転支援装備も搭載、直前に前進したルートを50mまで記憶し、そのルートをバックで戻れる、リバース・アシスト機能も付いている。

スタイリッシュ4ドアクーペのエントリーモデル

2シリーズグランクーペは、BMWとしては初となるコンパクト4ドアクーペだ。基本骨格は2019年に登場した前輪駆動用プラットフォームを採用する1シリーズをベースとする。

これまで2シリーズといえば、2ドアのクーペとカブリオレ、そしてミニバンタイプのアクティブツアラーとグランツアラーがラインアップされていたが、そこに新たに4ドアモデルを追加し、BMWのエントリークラスとして顧客層の拡大を狙う意図が込められている。競合車はメルセデスのAクラスをベースとしたCLAクーペという位置づけだ。

そもそもBMWは偶数シリーズのクーペに、4ドアモデルを追加することでラインアップを増強してきた。2012年にBMW 6シリーズにグランクーペを設定し、現在は後継となる8シリーズや4シリーズにも設定している。では2シリーズにも、となるのは必然ともいえる。2ドアクーペでは実用性に乏しいし、普通のセダンではスタイリッシュさに欠けるといったニーズに、グランクーペはうまくハマるようだ。

140psの1.5リッターターボを搭載した218i(369万〜448万円)、150psの2リッターディーゼルターボの218d(420万〜486万円)、306psの2リッターターボのM235i(665万円)をラインナップ。

BMW 2 SERIES GRAN COUPE|BMW 2シリーズ グランクーペ

ボディサイズは全長4535mm、全幅1800mm、全高1430mm。3シリーズ(4715mm x 1825mm x 1440mm)に比べてひとまわりコンパクトだが、小さいという印象ではない。前輪駆動になったメリットとして、後輪駆動の現行型2シリーズクーペ比で約33mm後席の足元部分を拡大。前席のシート下に無理なく靴のつま先が収まることもあって、身長178cmの大人でもちょっとしたドライブなら快適に過ごせる空間が確保されている。またラゲッジルームも約40リッター拡大し最大430リッターを確保している。

10.25インチのコントロールディスプレイに加え、オプションでフルデジタルメーターパネルを採用する。6色に変更可能なライトが備わったインテリアトリムが備わる。

BMW 2 SERIES GRAN COUPE|BMW 2シリーズ グランクーペ

インテリアデザインは基本的に1シリーズと同様のもので、メーターパネルは10.25インチのフルデジタル液晶となっており、インパネ中央にも10.25インチのコントロールディスプレイが備わる。「OK、BMW」で起動するAI音声入力システムのBMWインテリジェントパーソナルアシストなどがセットになったオプションのiDriveナビゲーションパッケージが装着されていた。

ADAS(先進運転支援システム)も前走車を追従するACC(アクティブクルーズコントロール)以外はほぼ標準装備されている。ACCはオプションだがぜひ装着しておきたい。またとても便利なリバースアシストも標準装備する。これは35km/h以下で走行していた最長50mの軌跡を車両が記憶しており、スイッチ操作1つで自動でバック走行時のステアリング操作を行ってくれるものだ。前方から来た車両とのすれ違いの困難な細い路地を延々とバックしなければならないような場面で大いに役立つ。さっとスマートに道を譲ることができる。

標準モデルとMモデルの間となるスポーティバージョン、MパフォーマンスモデルのM235i xDriveもラインナップ。空力を向上させるMエアロダイナミクス・パッケージやMスポーツサスペンションなどが装着される。

© www.daniel-kraus.com

BMW M235i xDrive GRAN COUPE|BMW M235i xDrive グランクーペ

乗り心地や使い勝手は3シリーズに引けを取らない

パワートレインは、BMW最新の1気筒あたり500ccとして組み合わせるモジュラーエンジンを採用する。1.5リッター直列3気筒ターボエンジンの「218i」と、2リッター直4ディーゼルターボの「218d」、そして2リッター直4ターボの「M235i」の3種類が用意されており、試乗車は218i M Sportだった。

最高出力140ps、最大トルク220Nmを発揮する1.5リッターガソリンエンジンは、3気筒とは思えないほど力強く加速する。車両重量は218d比で約90kgも軽いこともあってことのほか軽快だ。218iに組み合わせられるトランスミッションは7速DCTだが、変速ショックを感じさせることなくスムーズにシフトアップしていく。

ラゲージ容量は2シリーズクーペより約40リッター大きい最大430リッターに。

© Tom Kirkpatrick; BMW Group

BMW 2 SERIES GRAN COUPE|BMW 2シリーズ グランクーペ

前輪駆動モデルだけに、さすがに前後重量配分50:50というわけにはいかずフロントヘビーではあるものの、そこはBMWらしくARB(タイヤスリップ・コントロール・システム)を搭載してアンダーステアを抑え込んでいる。これはDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)経由ではなく、エンジン・コントロール・ユニットでスリップを検知することで従来の3倍の速さで制御が実行されるというものだ。コーナリングスピードが上がっても、操舵の正確性にブレがない。

BMWらしいFR(フロントエンジン。リヤドライブ)で前後重量配分50:50がもたらす乗り味を求める向きには素直に3シリーズをすすめる。しかし、2シリーズグランクーペに駆け抜ける歓びはないのかといえば、それはしっかりとあるし、乗り心地のよさやコンパクトなサイズによる使い勝手の点では3シリーズにも引けを取らない。

FFで4ドア化され後席はアクセスもよく、2シリーズクーペより足元空間が約33mm広くなっている。

BMW 2 SERIES GRAN COUPE|BMW 2シリーズ グランクーペ

4ドアであることがマスト要件で、1シリーズのハッチバックでは帯に短し、3シリーズのセダンではたすきに長し、な、デザインを重視しノッチバックスタイルを好む都市生活者にぴったりなモデルというわけだ。

文・藤野太一 写真・茂呂幸正 編集・iconic


Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

スバルの4車種、最も残存価値の高いモデルに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』 – レスポンス

SUBARU(スバル)の米国部門は3月2日、『ケリー・ブルー・ブック』の「2021年ベストリセールバリューアワ … …