Home モデル スバル、長期目標発表。SUVモデルのEVを2020年代前半に投入へ – Car Watch

スバル、長期目標発表。SUVモデルのEVを2020年代前半に投入へ – Car Watch

18 second read
0
17

SUVモデルのEVを2020年代前半に投入する

 スバルは1月20日、報道関係者を対象に開催した「SUBARU 技術ミーティング」において、2020年代前半にSUVモデルのEV(電気自動車)を投入することや、ガソリン車について2020年に熱効率を高めた新設計の水平対向 1.8リッターリーンターボエンジンを投入することを明らかにした。

 同イベントは、新しい時代においても「スバルらしさ」を際立たせ、ユーザーに「安心と愉しさ」を提供し続けるための具体的な技術開発の取り組み状況を示すために開催したもの。その中で、「脱炭素社会の実現」を目指すための「CO2削減のための技術ロードマップ」が公表され同社の長期目標が示された。

CO2削減のための技術ロードマップ

 同社ではすでに電動車としてマイルドハイブリッドの「e-BOXER」とプラグインハイブリッドをラインアップしているが、2020年代前半に投入するEVはCセグメントのSUVとし、続いて2020年代にストロングハイブリッドを追加。いずれもAWD(全輪駆動)を組み合わせてスバルらしさの提供を目指すという。

新設計の水平対向 1.8リッターリーンターボエンジン

スバルのハイブリッドシステム

スバルの電動化技術バッテリーEV

 そして、2030年までに全世界販売台数の40%以上をEV+ハイブリッド車とし、2030年代前半には、生産・販売する全てのスバル車に電動技術を搭載。2050年にWell-to-Wheelで新車平均(走行時)のCO2(二酸化炭素)排出量を、2010年比で90%以上削減するという長期目標が示された。

 同社 代表取締役社長の中村知美氏は「100年に一度と言われる変革の時代においても、スバルが長年培ってきたクルマづくりに対する姿勢は変わりません。私たちは、その『スバルらしさ』をさらに磨き、お客様にとってスバルが“Different”な存在となることを目指します。同時に、地球環境保護をはじめとする社会的責任を果たすため、スバルは個性と技術革新によって、脱炭素社会の実現に貢献していきます」とコメントした。

SUBARU 技術ミーティングで公開されたスライド

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ジェジュン、インスタグラムで新型コロナ感染を報告しファン衝撃、心配の声が集まる←エイプリルフールの警告と判明 – K-PLAZA.com

写真:ジェジュンのinstagram ジェジュンがインスタグラムで新型コロナウィルスに感染したと書き、ファンの … …