Home モデル スバル新型「BRZ」世界初公開! 初代モデルと何が違う? 超進化の中身とは – くるまのニュース

スバル新型「BRZ」世界初公開! 初代モデルと何が違う? 超進化の中身とは – くるまのニュース

20 second read
0
22

2020年11月18日に、スバル新型「BRZ」が北米で世界初公開されました。さまざまな点が大きく進化した新型モデルを、初代モデルと徹底比較しました。

ついに新型「BRZ」世界初公開! 新型モデルはどう進化?

 スバルのFRスポーツクーペ「BRZ」の新型モデルが、2020年11月18日に北米で世界初公開されました。

 初代モデルは2012年に登場。トヨタ「86」との兄弟車で、トヨタとスバルが共同開発した後輪駆動モデルということでも話題になりました。

上:新型BRZ/下:初代BRZ

 初代モデルに引き続き、2代目モデルも両社との業務提携で掲げる「もっといいクルマづくりの追求」の取り組みを通じて共同開発されています。

 兄弟関係のBRZと86ですが、新型BRZのほうがひと足先に公開されました。初代モデルに比べて新型BRZはどのように進化したのか、初代と新型を比較してみます。

 外観のデザインですが、クーペらしいスタイルはそのままに、高い走行性能を予感させる、躍動感のあるスタイルへと進化します。

 北米仕様のボディサイズは全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mmと、初代モデルと全幅は変わりませんが、全長は25mm長く、全高は10mm低くなっています。

 新型モデルのボンネットフードには新たなプレスラインが施され、厚みが増したように見えます。

 グリルは、スバル車に共通する六角形のヘキサゴングリルであることは変わりませんが、新型モデルはより低く、ワイドな形状になり、低重心であることをアピールしているようです。

 ヘッドライトのデザインも変更されています。初代モデルは、“涙目”のようなヘッドライトでしたが、新型BRZはシャープな形状に変更。

 スバル車の特徴でもあるコの字のポジションランプを継承しつつ、2眼のライトが内蔵されました。

 また、初代モデルにはフェンダーガーニッシュがデザインのアクセントとして施されていましたが、新型モデルでは廃止。

 新型モデルのフロントフェンダー後方に配したエアアウトレットやサイドシルスポイラーなどがデザインのアクセントになるだけでなく、スポーツカーとしての性能を最大限に引き出す機能性を持ち合わせています。

 リアのデザインでは、リアコンビランプを変更。最近のスバル車に採用されている、コの字をモチーフにしたものが備わります。

 さらに、トランク上部にはダックテールが装備されました。

 内装に関しては、大きな変更点としてメーター類があります。

 初代モデルのメーターは、左に260km/hまで刻まれたスピードメーター、中央にタコメーター、右に4.2インチマルチインフォメーションディスプレイが配置されていました。

 一方新型モデルは、7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターとなり、いくつかの表示が選択できます。

 なかでもタコメーターは、円形のものと右へいくにつれて回転数が上がるグラフ状のものなどがあるようですが、スピードメーターは数字で表示されるもののみになるようです。

 また、インパネは水平基調へ変更。初代モデルでは上部中央にエアコン吹き出し口が配置されていることで、やや盛り上がった形状でしたが、新型モデルではフラットにすることで、視界が広く確保されています。

 さらに、アルミホイールが大径化しました。

 初代モデルでは、グレードによって16インチと17インチのホイールが装着されますが、北米仕様ではエントリーグレードの「プレミアム」は17インチ(215/45R17)、上級グレードの「リミテッド」には18インチ(215/40R18)となります。

 なお、リミテッドのタイヤとして、ミシュラン パイロットスポーツ4が装備されます。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い – 毎日新聞 – 毎日新聞

山口県警防府警察署=林大樹撮影  墓地で卒塔婆を振り回すなどしたとして、山口県警防府署は3日、住所不定、自称ユ … …