Home モデル ダイハツ、ユーザーの声に寄り添ったDNGAモデル第1弾、新型「タント」発表会 – Car Watch

ダイハツ、ユーザーの声に寄り添ったDNGAモデル第1弾、新型「タント」発表会 – Car Watch

46 second read
0
96

ダイハツ工業の新型「タント」

 ダイハツ工業は7月9日、スーパーハイト系軽乗用車の新型「タント」を発売。同日に東京都内で発表会を開催した。

 新型タントは、ダイハツの新時代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」による第1弾商品。サスペンションアレンジを最優先して開発を行ない、骨格の部品配置をゼロベースで最適化したプラットフォームを新開発して、衝突安全性、NV性能、ボディ強度に加え、曲げ剛性を従来に比べて約30%向上。ハイテン材の活用や構造合理化により、プラットフォームを含むボディ骨格全体で約40kgの軽量化を実現した。

タント X(ブルーミングピンク)

ドアパネル

ホワイトボディも展示

 また、パワートレーンも一新され、トランスミッションには世界初となるスプリットギヤを用いた新技術を搭載する新しいCVT「D-CVT」を採用。エンジンの回転をタイヤに伝えるCVTに「スプリットギヤ」を組み込み、従来のベルト駆動だけでなく、より伝達効率のよい「ベルト+ギヤ駆動」を可能にした。エンジンにも大幅な改良が加えられ、日本初となる複数回点火(マルチスパーク)の採用や、燃料噴射方法の改良(スワール噴射)により、燃焼効率を向上させた。

ターボエンジンのカットモデル

自然吸気エンジンのカットモデル

CVTのカットモデル

説明パネル

新型「タント」に搭載の新開発トランスミッション「D-CVT」

 なお、詳しくはDNGAについての新技術説明会のレポート「ダイハツ「DNGA」の見どころをクローズアップ(プラットフォーム編)」「ダイハツ「DNGA」の見どころをクローズアップ(エンジン・CVT編)」をご確認いただきたい。

 使い勝手に関しては、タントならではの広い室内空間やピラーインドア「ミラクルオープンドア」を最大限生かし、運転席を最大540mmスライドできる世界初の運転席ロングスライドシートを採用。そのほかにも、軽自動車初の「助手席イージークローザー」「タッチ&ゴーロック機能」「ウェルカムオープン機能」といった日常生活にゆとりをもたらす機能を多数搭載した。

プッシュスタートスイッチ下側のボタンを押すと、運転席ロングスライドシートが利用可能に

助手席のシートバックにスライド用のレバーを配置

運転席のシートバックには、スライド用のレバーに加え、運転席ロングスライドシートのスイッチも設置して後席からも操作可能とした

運転席を最大までスライドさせたところ

運転席ロングスライドシートが使えることがTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイに表示される

作動中であることを警告する表示も出る

 安全面については、予防安全機能「スマートアシスト」に運転支援機能「スマートアシストプラス」を加えた進化した予防安全機能「次世代スマートアシスト」を採用。従来のスマートアシストから採用してきた世界最小のステレオカメラを搭載しつつ、ダイハツ独自の制御ロジックを進化させて機能を強化した。

スマートアシストの世界最小ステレオカメラ

スマートアシストの説明パネル

 使い勝手などのパッケージング、次世代スマートアシストについての詳細は、「ダイハツ、『DNGA』第1弾の新型軽スーパーハイトワゴン『タント』。世界初の運転席540mmロングスライド採用」をご確認いただきたい。

新型タント カスタム RS(レーザーブルークリスタルシャイン)

新型タント カスタム RSのインテリア

新型タント カスタム RS

タント X(アイスグリーン)

ヘッドライトのスイッチはAUTOが標準になった

プッシュスタートスイッチまわりのスイッチ類

ライトの点灯状態

ダイハツの新型「タント」のウインカー

タント カスタム RS(ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール)

最高出力38kW(52PS)/6900rpm、最大トルク60Nm(6.1kgfm)/3600rpmを発生する直列3気筒DOHC 0.66リッター「KF」型エンジン

最高出力47kW(64PS)/6400pm、最大トルク100Nm(10.2kgfm)/3600rpmを発生する直列3気筒DOHC 0.66リッターターボ「KF」型エンジン

オープニングムービー

TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイの表示

パノラマモニターに対応

タント X(マスタードイエローマイカメタリック)のディーラーオプション装着車

タント カスタム RS(パールブラック)のディーラーオプション装着車

コラーゲンをプラスしたエアクリーンフィルターや、ディズニーのアイテムもラインアップ

消し忘れ&点灯忘れ防止! 新型タントの新しいヘッドライトスイッチ

タント ウェルカムターンシート L

タント ウェルカムシートリフト カスタム RS

タント スローパー X

福祉車両についての説明パネル

ユーザーの声に寄り添って「良品廉価」な新型タントを開発

 発表会では、まずダイハツ工業 取締役社長 奥平総一郎氏が「CASEに代表されるとおり、自動車業界は100年に1度の大変革期を迎えており、お客さまのクルマに対するニーズや使われ方は日々変化しております。そうした中で、お客さまに最適なクルマを今まで以上にスピーディにお届けするため、新世代のクルマづくりであるDNGAに取り組んでまいりました。そして、パワートレーンを含むすべてのプラットフォーム構成要素を同時に刷新いたしました。この新技術を搭載した今後のDNGA商品群では、お客さまの暮らし、社会をもっと元気にするために、『良品廉価』『最小単位を極める』『先進技術をみんなのものに』という3つの価値を皆さまにお届けいたします。特に安全面におきましては、スマートアシストをさらに進化させ、より多くのお客さまに安全・安心をご提供してまいりたいと考えております」と新型タントを紹介。

ダイハツ工業株式会社 取締役社長 奥平総一郎氏

「新型タントのキーワードは『新時代のライフパートナー』です。新型タントをより多くの暮らしに役立てていただきたいという思いで、機能、先進技術、デザインまで全方位で進化させたダイハツらしい良品廉価な1台となったと考えております。奇しくも今年は令和元年という新たな時代の幕開けとなる年です。このような年に、DNGA第1弾としてタントを発表できることを大変喜ばしく感じております」とあいさつを行なった。

奥平氏のあいさつで使われたスライド

 次に、ダイハツ工業 製品企画部 チーフエンジニア 田代正俊氏が商品概要について説明。タントは2003年に「幸せ家族空間」をコンセプトに発売し、子育てをするファミリーの声から生まれた背の高いパッケージングで、スーパーハイトというジャンルを確立。2代目では軽自動車初のミラクルオープンドアを、3代目では両側スライドドアやスマートアシストを採用して、時代の変化を先読みしながらユーザーの声に寄り添って進化してきたことを紹介した。

ダイハツ工業株式会社 製品企画部 チーフエンジニア 田代正俊氏

 また、商品開発に関して田代氏は「お客さまの声をよく聞くことで使いやすさを追求してきました。クルマの進化はお客さまの声から生まれます。新型タントの開発でもさまざまなライフステージの方の声を聞き込み、できる限り多くのお客さまに喜んでいただきたいという思いで開発を進めてまいりました」と述べたのち、「新時代のクルマづくりであるDNGA実現への挑戦が始まる中で、軽自動車の“ど真ん中”であるタントからDNGAを導入し、新しいダイハツの第一歩をこの新型タントから踏み出し、たくさんのお客さまの笑顔を生み出したいと考えました。新型タントのキーワードは『新時代のライフパートナー』です。日々の暮らしの相棒として、お客さまに寄り添いたいという言葉です。時代とともに暮らしは変わり、タントも変わる。新型タントはすべてのライフステージの方にご愛用いただける、ダイハツらしい良品廉価な商品になったと考えております」と、新型タントへの想いを語った。

田代氏の説明で使われたスライド

 タントにおける産学協同研究の取り組みについては、ダイハツ工業 法人事業部商品室 室長 管嘉毅氏が説明。「高齢化は日本の大きな課題」と述べ、ダイハツでは2017年から地域密着プロジェクトとして健康安全講座を開催していることを紹介。地方における免許返納と公共交通機関減少に起因する課題の中で、活動の意義を強く感じていると述べた。

ダイハツ工業株式会社 法人事業部商品室 室長 管嘉毅氏

 新型タントの福祉車両では、さらなる良品廉価を目指し、標準車と福祉車両の垣根を無くすことをコンセプトに開発を一体化。高齢者が1人で家族などの手助けなくクルマに乗り降りできるよう、開発陣が現場で地域の人々と同じ目線で会話をして意見を聞き、産学協同で乗り降りの際の負担を解析するなど、すべての人に優しいクルマづくりを行なったことを紹介した。

管氏の説明で使われたスライド

 なお、最後に行なわれた質疑応答で、これまで2019年内の投入予定としていたDNGA第2弾モデルについて、秋に発表する予定と紹介。

 また、受注状況についても述べられ、1か月ほど前から先行受注を行なっており、すでに月販販売目標台数の1万2500台の約1.5倍となる1万6000台の受注があるとのこと。今後、どのタイミングで消費税10%へ引き上げられる10月以降の納期になるかは「はっきりとは申し上げられない」と述べ、「ギリギリになりそうなお客さまについては丁寧に商談を行ないたい」とした。

TVCM タント 「ミラクルウォークスルー」篇(15秒) ダイハツ公式

TVCM タント 「スマートパノラマパーキングアシスト」篇(15秒) ダイハツ公式

TVCM タント 「アダプティブクルーズコントロール」篇(15秒) ダイハツ公式

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

LOVE解散後初ライブ!インスタフォロワー10万人越えのあるあるクリエイターたつろうの単独ライブ開催決定! – PR TIMES

「あるあるクリエイター」としてインスタグラムのフォロワー10万人越えのたつろうが、LOVE解散後初のピン芸人と … …