Home その他 チャンネル登録者獲得数1位は?芸能人の参入と巣ごもり需要の影響が顕著に現れた2020年のYouTuber総合ランキング – @DIME

チャンネル登録者獲得数1位は?芸能人の参入と巣ごもり需要の影響が顕著に現れた2020年のYouTuber総合ランキング – @DIME

40 second read
0
235

国内のYouTubeチャンネルの中で2020年に最も多くチャンネル登録者を獲得したチャンネルは?

以前から増加傾向にあった芸能人のYouTube参入の動きが2020年には本格化し、数多くの芸能人がYouTubeへ参入した。また新型コロナウイルスの影響も相まって、各チャンネルが急激な成長を遂げている。

それでは、エビリーが発表した「2020年の総合YouTuberランキングトップ10」を見てみよう。


※計測期間:2020/01/01-2020/12/07
※調査対象:日本国内でチャンネル登録者数1,000人以上のYouTubeチャンネル

約10万チャンネルの中でランキング1位に輝いたのは、チャンネル登録者を310万人以上獲得したキッズチャンネルである「Boram Tube Play」。2位は「THE FIRST TAKE」、3位は「エガちゃんねる EGA-CHANNEL」だった。

1位の「Boram Tube Play」をはじめとして、キッズチャンネルはランキングの上位に複数ランクインしており、相変わらずの強さを発揮している。

外出自粛で「StayHome」が浸透し、家の中で楽しむことができるYouTube視聴が大幅に増加した。特にフィットネスなどジャンルの伸びが顕著なことがわかる。11位以降でも料理ジャンルのチャンネルが複数ランクインしており、2020年の巣ごもり需要の高さがわかる。

【1位】Boram Tube Play

Boram Tube Playは、韓国のキッズYouTuberボラムちゃんと彼女の家族が運営しているキッズチャンネルだ。

ごっこ遊び、キャラクターメイクなどが人気企画で、家族と楽しく遊ぶ動画が子どもたちに大人気となっている。ポップな編集と音楽が動画もこのチャンネルの魅力。

2020年に獲得した登録者数は310万人を超え、年間視聴回数は12億回に迫るなど驚異的な数字を記録した。

ちなみにボラムちゃんは韓国向けのYouTubeチャンネルも複数持っており、合計登録者数は4,000万人を超えるトップYouTuberだ。

【2位】THE FIRST TAKE

THE FIRST TAKEは、「音楽とは、何か。一発撮りで、向き合う。」をコンセプトに、著名なミュージシャンの一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。

「一発撮り」というスタイルが多くの視聴者から好評を得ており、年間で獲得したチャンネル登録者数は260万人、視聴回数は6億回に迫るなど、急激な成長を遂げた。

成長の立役者の一人はアーティストの「LiSA」だ。今年大ブームとなった「鬼滅の刃」のテレビアニメオープニングソング「紅蓮華」は9,000万回以上の視聴回数を記録している。

また、他のLiSAの楽曲も当チャンネルのkamui tracker「視聴評価」の上位に多く入っており、LiSAの人気がTHE FIRST TAKEの成長も後押ししたと考えられる。

【4位】ノッカーナアニメーション nokkana animation

赤ちゃんが喜ぶ「いないいないばぁ」アニメや童謡、子どもの知育・教育に役立つ動画を配信しているキッズ向けアニメチャンネル。

泣いていた赤ちゃんが笑うと言われるほど評判が高く、子どもに人気のチャンネルとなっている。アニメや童謡のようなエンタメだけでなく、教育や知育にも力を入れているため、親も安心して子どもにYouTubeを見せられるようだ。

年間の視聴回数は11億回超と、ランキング1位のBoram Tube Playに迫る数字になっている。このチャンネルの特徴は過去の動画が継続的に視聴されること。例えば「直近7日間」の視聴回数上位は、2016年~2018年に投稿された動画が占めている。

【7位】Marina Takewaki

「宅トレを当たり前の世界にする!」という夢を掲げ、自宅で楽しくできるフィットネスや健康的なライフスタイルなどの動画を夫のダーウィンさんと二人三脚で発信しているチャンネル。

痩せるトレーニング動画などダイエット企画が特に人気を集めている。2020年は外出自粛の影響で自宅でできるフィットネス「宅トレ」の需要が急上昇し、1年間で獲得したチャンネル登録者数は約180万人、視聴回数は3億回を超えた。

4月~5月で一気にチャンネル登録者数と視聴回数を増やしており、クオリティの高いコンテンツがトレンドに乗った結果であると考えられる。また3月以降、企業とのタイアップも定期的に実施している。

構成/ino.

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

完全ワイヤレスイヤホン市場、100ドル以下モデルが初の過半数 – iPhone Mania

 AppleのAirPodsシリーズなどの完全ワイヤレスステレオ(TWS: True Wireles … …