Home モデル テスラの電気自動車「モデル3」に搭載されたキャンプモードを使って南仏で年越しキャンプに挑戦! – @DIME

テスラの電気自動車「モデル3」に搭載されたキャンプモードを使って南仏で年越しキャンプに挑戦! – @DIME

46 second read
0
16

2019年秋から日本でも納車が開始されたテスラ・モデル3。2019年度の欧米での販売数は25万台に上り、世界のEV(電気自動車)市場を牽引する存在だ。

ハンドル操作や速度の制御を自動的に行う運転支援機能「オートパイロット」や、スポーツカーにも匹敵する加速パフォーマンス、長い航続距離など、「クルマ」としての機能はもちろん、常にソフトがアップデートされる「走るスマホ」としての側面も、EVファンを魅了する。

Photo by Yumiko Misaki

「キャンプモード」がテスラ・モデル3に追加

年末も押し迫ったクリスマス前に、待望の「キャンプモード」が最新のアップデートで追加された。15インチのタッチスクリーンの下部にあるファンアイコンをタップし、「キャンプ」モードに設定するだけで、駐車中の車内の空調や照明をキープし、音楽の再生もスマホの充電もできる。つまり、重々しいキャンピングカーをレンタルしなくても、真冬でも気軽に山キャンプに出かけることが可能となったのだ。早速「テスラキャンプ」年越しを計画する。

Photo by Yumiko Misaki

大晦日の南仏の天候は快晴。地中海のリゾート地コート・ダジュールの沿岸部から車でおよそ1時間、雪を戴く南アルプスのパノラマを求めて、標高1500mのスキー場近くの山へ。

午後5時には日が暮れるため、午後3時半には視界の開けたビューポイントに到着する。

Photo by Yumiko Misaki

この時点で残りのバッテリー容量は60%。「キャンプモード」では、残量20%に達すると自動的に電力消費を停止するため、チャージ不足で立ち往生する心配はないが、山で夜中に暖房の切れた車内で震える羽目にはおちいりたくない。念のためにEVチャージャーを備えた駐車場から3km程度の場所を選ぶ。

Photo by Yumiko Misaki

ビューポイントはキャンプ施設ではないただの空き地なので、水や携帯型ガスコンロなど、最小限のアウトドア用具を持参した。

Photo by Yumiko Misaki

Photo by Yumiko Misaki

セミダブルサイズのベッドスペースが誕生

明るいうちにベッドメイクに取り掛かる。車のリアシートを倒して簡易マットレスを敷き、枕と掛け布団を広げれば、カプセルホテルのダブルルームのような空間に早変わり。

幅1300mm x 丈1900mmのセミダブルサイズで、二人だと横幅は少し窮屈だが、身長1m80くらいの男性が脚を伸ばせる広さだ。

Photo by Yumiko Misaki

西の空が夕焼けに染まり三日月が出る頃には気温は3度まで下がり、車外にいると、じっと立っていられないくらいの寒さが迫ってくる。スープを温めて暖をとり、シャンパンの栓を開けた。

Photo by Yumiko Misaki

夕陽に染まる雪山を眺めながら味わうシャンパンは格別。大して高価でもないシャンパンでもいつもより美味しく感じるのは、シャンパンに最適な外気の温度のせいかもしれない。

Photo by Yumiko Misaki

日没の最後の光を見届けて車内に入ると、「キャンプモード」のスクリーンセーバーに出迎えられ気分が上がる。実際にキャンプファイヤーができるシチュエーションなら、さらに盛り上がりそうだ。

Photo by Yumiko Misaki

Photo by Yumiko Misaki

広々としたフロントガラス越しに、刻々と変化する夕暮れの名残りを堪能する。快適な温度に保たれた車内で、シートヒーターが冷え切った体を温めてくれる。

Photo by Yumiko Misaki

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「Xperia PRO」は真のプロモデルだ、5Gミリ波対応など詳しい仕様をチェック – Engadget 日本版

昨年発売された「Xperia 1」は、ここ数年続いた迷走期間を脱するソニーの本気を示すに十分なスマートフォンで … …