Home モデル テスラ・モデル3は速かった。高性能版がラグナ・セカの市販EV最速ラップに – Engadget 日本版

テスラ・モデル3は速かった。高性能版がラグナ・セカの市販EV最速ラップに – Engadget 日本版

27 second read
0
71

[embedded content]

ロジャーズは自身が運転したモデル3に施した改造箇所を以下のように公開している。その中には彼のスポンサーであるMaier Racing社とEVチューナーのMountain Pass Performance社のパーツが含まれている。

・Mountain Pass Performance社製 AWD スポーツ・コイルオーバー
・Mountain Pass Performance社製 Arastradero キャンバーアーム
・Maier Racing社製フロント&リア・カーボンスポイラー
・特注ブレーキパッド、カストロールSRFのブレーキ液
・ENKEI社製18 x 9.5インチ・ホイール
・フージャー社製「A7」、米国運輸省(DOT)認証公道仕様、幅255mmのタイヤ 

当初、これらの改造を加える前に、ロジャーズとモデル3 パフォーマンスの市販車は1分46秒8というタイムを記録していた。つまり、パワーを上げなくても僅かな改造でどれだけのことができるかを証明したのだ。

By JOHN BELTZ SNYDER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
テスラ「モデル3」の高性能仕様は約870万円で7月から納車開始!「サーキットでは同クラスのどんなライバルも打ち負かす」とマスクCEOがツイート

【ビデオ】テスラ「モデル3」でボンネビル・ソルトフラッツを走ってみたドライバー、約222km/hでスピン!

テスラ「モデル3」納車直後の初ドライブ中、雨に降られただけでバンパーが落下!

■関連動画

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

IQOS「令和」新時代の幕開けへ祝賀モデル発表 – 社会 – 日刊スポーツ

パッケージのデザインについて説明するヘンリー・ホー氏 5月1日の新元号スタートを前に、祝賀ムードが盛り上がって … …