Home 00 デザイナーとして活躍する遠藤玲奈さんのマーケティング戦略とは
00

デザイナーとして活躍する遠藤玲奈さんのマーケティング戦略とは

8 second read
0
637

インスタでも精力的に発信活動をしている若い女性も、実は裏ですごい活動や研究、戦略が張り巡らされている。

今回紹介するのはまさにマーケティングを考え尽くしている、若きデザイナーの遠藤玲奈さんです。

 

若年層マーケティングへの興味

ーーなぜインスタを始めたのでしょうか

遠藤さん:

私は、以前今とは全然異なるメディアのUIデザイナーをしていたのですが、当時から若年層マーケティングに興味を持っており、この業界に携わる為には人には無い武器が必要と考え、自身のインスタグラムを使い、どのような仕組みを作ればフォロワーを増やせるのか等のノウハウを身につけようと思い投稿し始めたのがきっかけです。たまたまヘアカタログ等の撮影被写体をやっていたので、その撮影作品を中心に投稿していたらフォローして下さる方が増え、それと同時に色々な企業の方からお仕事のご依頼を頂く様になりました。

 

たまたまですか…。よほど撮影技術や被写体の選定等が質の高いものだったんでしょう。

 

 

世界観を壊さずに投稿する

ーーインスタグラマーとして宣伝する際に気をつけていること何でしょう?

遠藤さん:

インスタグラムの中の世界観を壊さず、フィードに合った投稿するのはとても大切ですね。実際に世界観がしっかりあるインスタグラマーは認識され易いし人気も出やすいですね!
あと
は、インフルエンサー本人の感想を書いてもらう事でユーザーもより共感しやすくなると思うので、企業側からのテキストの指定は固めすぎない事も大切だったりします。

なるほど、これは個人で発信する時代が来たなって感じがします。影響力のある人にプロモーションをかけてもらうならその人にとってベストな方法をとってもらうことが、結果的に一番宣伝効果が生まれるのでしょう。

 

 

ストーリーを使った広告に注目

ーー今後のインスタはどうなるのでしょう?

遠藤さん:

写真や動画をスライドショーのような形式で投稿できるインスタグラムのストーリーを使った「ストーリー広告」が今後もどんどん増えてくると思いますね。自分自身もまわりも今フィードの投稿はあまり見ていない人が増えているように感じていて、気軽かつ頻繁に投稿するのは皆ストーリーだったりします。
また、ストーリー広告はストーリーの投稿と投稿の間に差し込まれるので、自然とユーザーにリーチすることが可能になるので、今後もストーリー広告や企業案件もどんどん増え続けるのではないでしょうか。

 

なるほど、確かにストーリーは画期的なシステムなのでそうなるかもですね。
こらからインスタを運用する際は彼女を参考にするといいでしょう。

 

遠藤さんのサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

MachiTagで、浅草の”いい感じ”なローカルグルメスポットが見つかる!浅草エリアを中心としたローカルネタを配信する「言いたいことやまやまです」との連携開始! – 時事通信

[ジギョナリーカンパニー株式会社] URL: https://tinyurl.com/machitag-iit … …