Home モデル デッサンモデルが大学側を提訴 会田誠さんは「問いかけ」をしていた? – livedoor

デッサンモデルが大学側を提訴 会田誠さんは「問いかけ」をしていた? – livedoor

11 second read
0
97


 「講義の内容が本当にひどいもので、これが大学の授業なのかと衝撃だった」

 2018年、京都造形芸術大学を運営する学校法人瓜生山学園が開いた公開講座を受講した大原直美さんは、この講座がきっかけで急性ストレス障害を発症したという。大原さんは企画運営に問題があったとして、大学側を提訴した。

 大原さんが挙げたのが、社会人向けの公開講座『人はなぜヌードを描くのか 見たいのか』(受講料2万円)の全5回の講座のうち、2つの講座について。

 ひとつは、3回目に行われた会田誠さんの講座の中で見せられた作品だった。「うまく言えないんですけど…女性に対してひどいものばかりで、AV女優がゴキブリとセックスしている写真を大スクリーンで見せられると、吐き気しかしない」。会田さんは、手足を切断された女の子が首輪をはめられた姿を描いた作品など、議論を呼ぶ作品を数多く生み出している芸術家だ。

 絵画や彫刻などでヌードや着衣の状態でモデルを務める「美術モデル」を職業とする大原さんは、会田さんの言葉に傷ついたといい「会田誠講師がデッサンに来たモデルを『ズリネタにした』と笑いをとっていたのは、プロのモデルに対する冒涜だと思いました」と憤りを顕にした。

 この件について、AbemaTV『けやきヒルズ』は会田さんに取材を申し込んだが「コメントをしない」との返答。そんななか、会田さんはTwitterで「寝耳に水でした。メディアからの取材はとりあえず断りました。自分のツイッターは編集されないので、ここに何か書きましょうか」として次のように述べている。

 「落ち着いた文化教養講座をイメージしていたなら、すごいギャップがあったでしょう。僕は芸術が『落ち着いた文化教養講座』の枠に押し込められることへの抵抗を、デビュー以来大きなモチベーションとしてきた作り手です」

 大原さんがもうひとつ問題として挙げたのが、5回目に行われた写真家・鷹野隆大さんの講義。大原さんは「男性の性器がそのまま出ている作品を何枚も拡大して見せられると、自分が昔露出狂にあったことを思い出す」と話す。

 この件について鷹野さんにも取材を申し込んだところ、次の回答が得られている。

 「講義にあたっては、『これからお見せする作品には男性器が写ったものもあります。もしそのようなものは見たくないという人がいたら挙手してください。一人でもいたらそういう写真は省きます』と事前に確認しています。その際、誰が挙手したのかが他の受講生にわからないよう、全員に目を閉じてもらっています。その上で誰も手を上げなかったので、見せました。こちらとしては強制することがないように十分配慮したつもりだったので、このようなことになり驚いています」

 これら2回の講座でショックを受けたという大原さんだが、その作品自体については「裁判の焦点として、会田誠さんの作品が芸術かわいせつかという視点ではやらないつもりです。そういう話をはじめてしまうと芸術論になってしまう」としている。大原さんが責任を追及しているのは、2人の芸術家ではなくあくまで大学側の企画・運営。大原さんは3回目の会田さんの講座の後、大学側の窓口に講座の内容がセクハラに当たると訴えたが、対策は取られなかったという。

 大学側は「事前に十分な告知なく、露骨な性的・暴力的描写のある作品画像が呈示された」としてお詫び文を掲載。しかし、大原さんによると大学側からは今後授業への出席や美術モデルとしての出入りをしないよう要請されたほか、京都造形芸術大学の卒業生である大原さんに同窓会にも出ないよう求めてきたということだ。

 大原さんは「被害者が押し込められて終わりというのは、ハラスメント対策としてはあり得ないことだと思う」とし、大学側に慰謝料など約333万円を求めている。一方、大学側は「訴状が届いていないので、コメントできない」としている。

 芸術と性的描写の境界性について、慶応大学特任准教授などを務めるプロデューサーの若新雄純氏は次のように疑問を呈する。

 「大学の手続きとして、事前にもっと詳細に内容を伝える必要はあったのかもしれない。ただ、講座の対象になっているのはアートの世界で仕事をしている、もしくは学んでいる人向けで、有料で開講しているもの。講師が誰かはある程度わかっていて、一定の評価を受けている人が来る。露骨な性的描写・暴力描写が場所を選ばず表現されるのはよくないが、講座のテーマは『ヌード』だった。露骨な表現に傷つく人はいるかもしれないが、そうした人間として持ってしまっているもの、綺麗事では済まされない部分と対峙して表現していくのが芸術・アートの役割だと思う。会田さんの表現はそういった『芸術の中のひとつ』だったはずで、そこを過剰に綺麗にしてしまうのは違和感がある。芸術の場で『露骨過ぎる』となると、アートを根本から考えなければならないし、学校にそこまで神経質になれというのは違うと思う」

 「モデルをズリネタにした」という発言の文脈として、会田さんは「裸の女性が真ん中にいて、たくさんの男たちがそれを凝視している。そして言外に欲情は禁じられてる。これってなんなんだ? 何ゆえなんだ? 歴史的経緯は? 美術・芸術の領域(具体的には芸大上野キャンパス)から一歩出た世間は、まったく違う風か吹いているじゃないか? どっちが嘘をついているんだ? どっちが病的なんだ? そういう問いです」と綴っている。

 若新氏はこの“問いかけ”が重要だとし、「会田さんは『美術モデルの人のことは卑猥に見てはいけないとされているけど、描いている人は実際そういった卑猥な感情を持っている。この空間は何だ?』と訴えている気がする。卑猥だと思ってしまうものをアートとして扱うということ。そこを考えることがこの問題のテーマだと思う」と自身の考えを述べた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶ 京都造形大を提訴した美術モデル・大原直美さんの会見

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

トランプ氏、ツイッターCEOにフォロワー減の不満伝える=関係筋 – ロイター (Reuters.co.jp)

 4月23日、トランプ米大統領は、ホワイトハウスでツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)と会談した。20 … …