Home モデル トヨタが手がけた「ダイハツ・コペン」のスポーツモデル 異色の挑戦の背景は – J-CASTニュース

トヨタが手がけた「ダイハツ・コペン」のスポーツモデル 異色の挑戦の背景は – J-CASTニュース

32 second read
0
6

   トヨタ自動車が子会社のダイハツ工業の軽スポーツカー「コペン」をベースに、トヨタのスポーツブランドである「GR(ガズー・レーシング)」を冠した「コペンGRスポーツ」を発売した。ダイハツのクルマをトヨタが「GR」ブランドで発売する初めてのケースだ。

   2019年11月4日まで開かれた東京モーターショーにも出品され、人気を呼んだ。

  • コペンGRスポーツ(リリースより)

  • スポーツ性と乗り心地の両立を目指したという(同)

    スポーツ性と乗り心地の両立を目指したという(同)

双方の開発課題がかみ合った

   トヨタはこれまで自社の市販車のスポーツチューンモデルを「GR」ブランドで販売してきた。スープラ、86(ハチロク)、プリウス、アクア、ヴィッツなどに「GR」モデルが存在し、モータースポーツ参戦からフィードバックした最新の技術を投入してきた。

   ところが子会社とはいえ、ダイハツ車にGRブランドを冠し、名称もダイハツの「コペン」のまま流用するのはトヨタとして初めてだ。例えば、トヨタにはSUBARU(スバル)と共同開発したスポーツカー「86」があるが、姉妹車の「スバルBRZ」とは明確に区別している。86にGRモデルは存在するが、BRZにGRモデルなどありえない。スバルには「STI」という専用のスポーツブランドがあるからだ。

   これに対して、今回はトヨタとダイハツが同じ「コペンGRスポーツ」をそれぞれ自社で販売することになった。正確には「ダイハツコペンGRスポーツ」だけでなく、「トヨタコペンGRスポーツ」が存在するということになる。

   ダイハツによると、2014年に発売した現行の2代目コペンをめぐっては「発売から5年がたち、次の一手を打つ必要があった」という。このためコペンのオーナーイベントに参加した顧客にアンケートしたところ、オーナーから「さらに走行性能に磨きをかけてほしい」という要望が出た。具体的には「操縦安定性や、これまでのコペンにはないスポーツ性を突き詰めてほしい」という声が多かったという。

   同じころトヨタも「自社のラインアップにない軽の2シーター・オープンスポーツ」であるコペンに注目しており、「GRブランドのバリエーションを充実させたい」という思いから「両社のスポーツモデル開発をめぐる課題がうまく合致した」という。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

日本一かわいい“大学1年生”GPは青山学院大学・中川紅葉さん「未だに実感がわかない」|オリコンニュース|徳島新聞 – 徳島新聞

『FRESH CAMPUS CONTEST2019』グランプリに輝いた中川紅葉さん (C)ORICON New … …