Home モデル トヨタ ノア/ヴォクシー、2022年フルモデルチェンジへ? エスクァイアは廃止か – Forbes JAPAN

トヨタ ノア/ヴォクシー、2022年フルモデルチェンジへ? エスクァイアは廃止か – Forbes JAPAN

8 second read
0
151


トヨタのミニバン3兄弟、ノア、ヴォクシー、エスクァイアはモデル末期でそろそろフルモデルチェンジの頃。読者からの投稿など最新情報をまとめてお届けする。


ノア、ヴォクシー、エクスファイアの現行


ノア(現行)

null
ヴォクシー(現行)

null
エスクァイア(現行)

【更新履歴】

2020年12月10日:フルモデルチェンジ時期情報追加
2020年10月29日:フルモデルチェンジ時期情報追加
2020年10月19日:新型フルモデルチェンジ予想情報更新

次期新型は3車種統合になるのか、ならないのか?

<読者諸氏の見解>

読者1:「トヨタモビリティ」に販売チャネルが1本化になったため、フルモデルチェンジ後の新型は「ノア」1車種に統合されるようだ。

読者2:フルモデルチェンジ後、「ノア」と「ヴォクシー」はそのまま継続、「エスクァイア」は消滅するようだ。

「トヨタミニバン三兄弟フルモデルチェンジ後どうなる問題」は、統合説とエスクァイアのみ消滅説の2つが現時点の濃厚説となっている。

MOBY編集部としては、「エスクァイアのみ消滅説」を今の時点で予想している。

なぜ「エスクァイアのみ消滅説」?

まず、販売台数イコール人気とすれば、エスクァイアは残念ながら人気は比較するとイマイチ。「ノア」、「ヴォクシー」はモデル末期ながら堅調な人気となっている。

2020年度上半期(4-9月期)販売台数

null
※データは自販連。順位は登録車のみ。

ヴォクシーは、ワイルドな「パパ受け」するフロントマスクとワイドボディの3ナンバーが人気の理由。ノアは5ナンバーサイズと3ナンバーサイズの両方がラインナップされているが、売れているのが5ナンバー。3ナンバーはヴォクシーに押されて売れない傾向にある。これは、トヨタの販売ディーラーチャネルが1本化してから尚更顕著な傾向となっているとのこと。

「トヨタミニバン三兄弟統合説」は次期新型の噂が出始めたころの有力説だった。今では、「エスクァイアのみ消滅説」が有力説の状況だ。これは、統合化され1本化してトヨタのどのディーラーでも全モデル購入可能になった背景と、人気動向から、

ノアは5ナンバーのみの、ベーシックなミニバンにする
ヴォクシーは、3ナンバーのみの、オラオラ度の高いミニバンにする

とすれば、トヨタのディーラー内できちんと棲み分けができ、消費者側もわかりやすいだろう。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【テスラ モデル3 2900km試乗】驚異的な性能だが、まだ万人にオススメはできない[後編] – レスポンス

テスラのミッドサイズセダン『モデル3』での2900kmロングドライブ。前編は旅を支える航続性能と充電に関してリ … …