Home モデル トリプルカメラの小型モデル「Xperia 5」、auから – ケータイ Watch

トリプルカメラの小型モデル「Xperia 5」、auから – ケータイ Watch

40 second read
0
12

 KDDI、沖縄セルラーは、ソニーモバイル製のAndroidスマートフォン「Xperia 5 SOV41」を10月下旬以降に発売する。10月11日10時から予約受付を開始し、価格は9万円台を見込んでいる。

Xperia 5 SOV41

 Xperia 5はXperiaシリーズのフラッグシップラインに追加される機種で、2019年夏モデルの「Xperia 1」に近い基本性能や機能を備えながら、ひと回り小さいサイズに仕上げられている。画面サイズは6.1インチ(21:9)で、本体サイズは操作性を重視して幅68mmに収めた。

 Xperia 1の特徴のひとつであるトリプルカメラも継承。超広角、広角、望遠の3つの画角を使い分けることができ、プロ向けの映画撮影用機材を手掛けるチームが監修したという、本格的な動画撮影機能「Cinema Pro」も搭載。

 Xperia 1で対応したゲームプレイを支援する「ゲームエンハンサー」も引き続き搭載。ゲームプレイ中に電話の通知をオフにする機能、連写でスクリーンショットをとれる機能など新しい機能が追加された。

 新たに、アプリの通知からマルチウィンドウを起動できる機能や、ソニーのディープラーニング技術を利用し、最適な通信環境になるようにWi-FiとLTEを自動で切り替える「スマートコネクティビティ」機能を内蔵する。

 同端末は9月にIFA 2019で発表された。日本向けのモデルとして、ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイに対応し、ストレージ(ROM)は64GBとなる。

主な仕様

 約6.1インチ、フルHD+の有機ELディスプレイを搭載。チップセットはクアルコムの「Snapdragon 855」。メモリ(RAM)は6GBで、ストレージ(ROM)は64GB。最大512GBまでのmicroSDカードに対応する。

 背面カメラはトリプルカメラ構成でいずれも約1220万画素の、望遠レンズ、広角レンズ、超広角レンズが搭載される。前面カメラは800万画素。

 OSはAndroid 9。Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/acをサポート。Bluetoothのバージョンは5.0。

 バッテリー容量は3000mAh。側面に指紋認証センサーを備える。ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイに対応。防水・防塵性能を備える。

 大きさは約158×68×8.2mmで、重さは約164g。テレビアンテナ機能付きのUSB Type-C-3.5mm変換ケーブルが付属する。カラーはブラック、グレー、ブルー、レッドがラインナップされる。

au +1 collectionから純正ケースや保護シートが登場

 あわせて、Xperia 5に対応するアクセサリーが順次発売される。カバーを閉じたまま通知などの確認ができる手帳タイプのソニー純正ケース「Style Cover View」、オリジナルデザインの「COACH ブックタイプケース」などのケースや、保護フィルム・ガラスがラインナップされる。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

日本一かわいい“大学1年生”GPは青山学院大学・中川紅葉さん「未だに実感がわかない」|オリコンニュース|徳島新聞 – 徳島新聞

『FRESH CAMPUS CONTEST2019』グランプリに輝いた中川紅葉さん (C)ORICON New … …