Home ブロガー ドイツ有名ブロガー 偽のホロコースト体験談でタイトル剥奪 (2019年6月6日) – エキサイトニュース

ドイツ有名ブロガー 偽のホロコースト体験談でタイトル剥奪 (2019年6月6日) – エキサイトニュース

6 second read
0
18

<有名ブロガーが「22人の親戚のほとんどをホロコーストで失った」という経験を綴り、24万人もの読者を得ていたが、実はすべて嘘だったことが発覚し、問題となっている>

ドイツで2017年に「ゴールデン・ブロガー」賞を受賞した女性ブロガーが、偽のホロコースト体験談を語ってきたとして、そのタイトルを剥奪された。独シュピーゲル誌の独自調査で発覚した。

博士号を持つ歴史学者でもあるブロガーは、「22人の親戚のほとんどをホロコーストで失った」経験を綴り、24万人もの読者を得ていたが、そのような家族は実在しなかった。

承認欲求の果てに?

ナチスによるユダヤ人大虐殺の犠牲者を追悼するためのイスラエル国立記念館ヤド・ヴァシェムでは、専用フォームを使えば誰でも犠牲者を登録することができる。2013年、当時アイルランドに暮らしていたマリー・ソフィー・ヒングストは、22人の家族や親戚の情報を提供し、犠牲者として登録した。だがシュピーゲルによると、「アウシュヴィッツに収容されていた」とされるヒングストの父親は実際にはプロテスタントの牧師で、さらに他の21人についても、公式のアーカイブのどこにも記録が見あたらないという。

同誌によると、ヒングストは当初ダブリンにいて友人もなく、寂しい思いをしていたようだ。まもなくブログを始めたが、そこで、ホロコーストの犠牲者である方が「ユダヤ系ではないドイツ人よりずっと面白い」らしいということに気づいた。架空のユダヤ系祖先の苦難をまことしやかに綴ったブログは次第に注目を集め、2017年、ドイツのゴールデン・ブロガー協会から最優秀女性ブロガーに選ばれた。さらに翌年には、現代欧州に押し寄せる難民の苦難を架空の先祖の体験になぞらえたエッセイにより、フィナンシャル・タイムズ誌から「ヨーロッパの未来賞」を受けている。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

りゅうちぇる告白 ヒゲだけじゃない「顔と下半身がもともと毛だらけ」 (2019年6月16日) – エキサイトニュース – エキサイトニュース

 読者モデルでパパタレントのりゅうちぇる(23)が16日、都内で行われた美容フェス「Beautycon Tok … …