Home モデル ドライブがもっとも楽しめる場所で レクサスのスポーツモデル「F」を堪能する

ドライブがもっとも楽しめる場所で レクサスのスポーツモデル「F」を堪能する

23 second read
0
19

参加者は富士スピードウェイでFモデルでの走行を楽しんだ

「ドリフトチャレンジ」というプログラムでは、RC Fでドリフトを体験し、アクセルコントロールがいかに大事かを学ぶ

GS Fをサーキット上に止めて、参加者にドライバーたちがコースの解説とラインの取り方を説明してくれる

カメラカーで併走し、参加者が“主人公”のドライビングムービーを作ってくれた

走りの講義をしてくれる「LEXUS TEAM」のドライバーたち(左から新田守男氏、国本雄資氏、大嶋和也氏、小林可夢偉氏、石浦宏明氏、立川祐路氏(4月9日のSUPER GT第1戦OKAYAMAではローゼンクヴィスト氏と組んだ大嶋氏がGT500クラスで4位入賞した)

「LEXUS DRIVING LESSON」のプリンシパルを務める木下隆之氏(右)

レクサス LC500(黄色)もかなりいい走りをするのにびっくり(手前は2010年から限定500台で販売されいまも人気が高いLFA)

「THE DRIVING LESSON FEEL THE “F” SPIRIT」の最後は、レーシングドライバーたちの助手席で、これだけ接近しながらのハイスピードドライビングを味わう「レーシングタクシー」

富士スピードウェイのピットを使って、レクサスの歴代スポーツモデルが展示された

サーキット走行前日のディナーパーティでは「グランツーリスモ」が用意され、富士スピードウェイのコースを事前に体験

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

2年で350万円を貯めたブロガーが伝授 上手にお金を貯めるコツ

毎月のクレジッ … …