Home モデル ハイエンドスピーカー新機軸。BEWITH リファレンスAM RSモデル登場 – レスポンス

ハイエンドスピーカー新機軸。BEWITH リファレンスAM RSモデル登場 – レスポンス

58 second read
0
24

アルミ-マグネシウム振動板を用いたBEWITH(ビーウィズ)のReference AM(リファレンスエーエム)。クリアで情報量豊かなサウンドが人気のシリーズだ。

そんなリファレンスAMにRSモデルと16.5cmサブウーファーが登場。新磁気回路と新振動板を採用し新たな魅力を備えたスピーカーへと進化した。

リファレンスAMシリーズに
磁気回路を強化したRSモデルが登場

ビーウィズの中核モデルとして多くのユーザーから注目を集めているリファレンスAMシリーズ。アルミ-マグネシウム振動板の採用など、高音質を極める設計が隅々にまで行き渡るスピーカーシリーズだ。そんなリファレンスAMに新たにRSモデルが加わった。従来モデルはRモデルとして併売され、それぞれの音の方向性をセレクトできる幅が広がったのもユーザーには嬉しい設定。

RSモデルとして新たに加わったのは8.8cmミッドレンジ「L-88RS」と16.5cmウーファー「L-165RS」の2モデル。スピーカーシステムとしてはトゥイーターを加えた8.8 cmセパレート2ウェイシステムの「ReferenceAM Duo88S」、16.5cmセパレート2ウェイシステムの「ReferenceAM Duo165S」をラインアップ。さらには16.5cmウーファー、8.8 cmミッドレンジ、トゥイーターの3ウェイシステム「ReferenceAM Trio S」も用意され、多彩なシステムを構築できる新モデルとして要チェックだ。

S-ネオジムモーターの採用や
改良型AMダイヤフラムを搭載

ここからは新登場したリファレンスAMシリーズ・RSモデルの進化ポイントについて紹介していこう。RSモデル(「L-88RS」「L-165RS」の両モデルに共通の進化ポイント)の大きな特徴は「S-ネオジムモーター」と呼ばれる磁気回路と新たに配合を見直した「改良型AM(アルミ-マグネシウム)ダイヤフラム」の採用だ。

「S-ネオジムモーター」は最高グレードの高磁力・高密度のネオジムマグネットを採用。またナローギャップ化されたエッジワイズ巻のボイスコイルを備えることで強力な磁気回路を形成したのだ。そのためエネルギー感の向上や情報量のアップ、さらには低域特性の伸びなど、さまざまな面で魅力をアップしている。また「改良型AM(アルミ-マグネシウム)ダイヤフラム」は今回進化した磁気回路の強化に合わせて、アルミ-マグネシウムの配合比率の見直しや振動板形状や厚みなどを再設計している。

新設計を施したRSシリーズ、8.8cmミッドレンジの「L-88RS」は高い音圧と音の力感をさらに高めることに成功、緻密でダイナミックなサウンドを再現するモデルとなった。エネルギー感や情報量もアップし、RSモデルの中でもその完成度の高さが際立つユニットとなった。この口径としては驚異的なワイドレンジを誇り、2ウェイ/3ウェイシステム構築の中心的なユニットとなった。また16.5cmウーファーである「L-165RS」は従来モデルに対してロングストローク化を果たしてパワフルな低域再生を実現。低域側の再生限界をさらに拡大することでサブウーファーを使用しない2ウェイ/3ウェイシステムとして真価を発揮するワイドレンジタイプのウーファーとなった。

3Lと小容量ボックスに対応する
16.5cmサブウーファーにも注目

RSモデルの追加と共に、リファレンスAMシリーズに新たに加わった注目ユニットが16.5cmサブウーファーの「L-165RW」だ。リファレンスAMシリーズとしては待望のサブウーファーの登場で、システムの多様性が一段と高まった。

「L-165RW」の特徴は小容量密閉箱専用設計である点。推奨容量は3~10リットルであることから、取り付け性の高さは群を抜いている。振動板には密閉箱専用設計のAM(アルミ-マグネシウム)ダイヤフラムやS-ネオジムマグネットの採用により、16cmクラスの口径からは想像できないタイトで深くて厚みのある本格的な重低音を再生することができるモデルとした。

16.5cm口径であることからスペースを選ばず設置できるので、これまでサブウーファーの設置をあきらめていたユーザーにも朗報。リファレンスAMのスピーカー群とシステムすることで、ワイドな帯域を再生するスピーカーシステムが完結する。低音の厚みをさらに引き出したい場合にはステレオで利用するのも良いだろう。

リファレンスAMシリーズに新たに加わったRSモデル。2ウェイシステムをスタートに、8.8cmミッドレンジや16.5cmウーファーの単体ユニットの追加で3ウェイ化にも対応。さらにはサブウーファーを追加したシステムへの発展性も十分だ。ビーウィズの新しいスピーカーシリーズで愛車を高音質にグレードアップしよう。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ビジネスモデルの転換期に コンビニ業界早わかり – 日本経済新聞

コンビニエンスストア業界は再編が相次ぎ、大手3社が国内シェアの約9割を占める。ただ新規出店にはブレーキがかかり … …