Home モデル バッファロー、9000円からエントリーモデルなどWi-Fi 6対応ルーター3モデルを発表 (1/2) – ASCII.jp

バッファロー、9000円からエントリーモデルなどWi-Fi 6対応ルーター3モデルを発表 (1/2) – ASCII.jp

47 second read
0
35

エントリーからゲーマー向けまで4モデルがラインアップ

 バッファローは6月4日、次世代無線LAN規格Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応するWi-Fiルーター3モデルを新たに発表した。今回発表したのは、エントリーモデルの「WSR-1800AX4シリーズ」、プレミアムモデルの「WSR-5400AX6シリーズ」、ハイパフォーマンスモデルの「WXR-5700AX7S」。

 「WSR-1800AX4シリーズ」と「WSR-5400AX6シリーズ」は7月上旬から、「WXR-5700AX7S」は8月下旬から発売予定。

 バッファローは、2000年にWi-Fiブランド「AirStation(エアステーション)」の展開を開始してから、今年で20周年となる。同社では18年連続で無線LANルーターの販売台数1位(※バッファロー調べ)を記録しているとのこと。Wi-Fi 6対応ルーターは、2019年にフラグシップモデルとして「WXR-5950AX12」を発売している。

 今回発売するのは、フラッグシップモデルに次ぐグレード別の製品で、これらが発売されることにより、用途や予算によってユーザーの製品選択の幅が広がることになる。

ゲーミングユーザーも意識した「WXR-5700AX7S」

 「WXR-5700AX7S」は、フラッグシップモデルから1万円以上価格を抑えながら、フラッグシップモデル同様の10Gbps対応WANポートを搭載するハイパフォーマンスモデル。高速の光回線を利用していれば、有線LAN+無線LANの最大スループットをフル活用できる。

 転送速度は、5GHzが4ストリームで最大4803Mbps、2.4GHzが3ストリームで最大860Mbps。3軸外付けアンテナを採用しており、向きを調整することで、任意の方向への電波強度を高められる。

 LANポートは最大1Gbps×4を搭載。カバーエリアは4LDKで、接続台数は32台まで。フラッグシップモデルが搭載している10GbpsのLANポートは搭載していないが、オンラインゲームなどをプレイするにも十分なスペックを誇る。希望小売価格は2万8000円前後。

家族での使用を想定
テレワークにもオススメの「WSR-5400AX6シリーズ」

 「WSR-5400AX6シリーズ」は、同社のWi-Fi 6ルーターでもメインストリームになることが想定されているプレミアムモデル。5GHz 4ストリーム、2.4GHz 2ストリームに対応し、それぞれ最大4803Mbps、最大573Mbpsの伝送速度を実現している。

5GHz 4ストリームでは、距離が離れてもより安定した速度を発揮する

 アンテナ内蔵のスリムデザインを採用し、カラーもシャンパンゴールド/マットブラックの2色を用意。Wi-Fiが家全体にいきわたるよう、家の中心に置いてもらうことを想定し、インテリアとしてのデザインにこだわったほか、壁掛けにも対応するなど設置しやすい設計になっている。

 カバーエリアは4LDK、接続台数は30台まで対応しており、WANポートは最大1Gbps ×1、LANポートは最大1Gbps×4を搭載。テレワークや自宅学習も含め、家族でPC・スマホを接続して利用するといったシーンにも適している。希望小売価格は1万6500円前後。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

土屋太鳳、横から捉えた“はちきれEカップ”神ショットが「必見モノ」! – ニフティニュース

 9月10日、女優の土屋太鳳がインスタグラムを更新。相変わらずのはちきれバストを見せてくれた。その反響は広がる … …