Home モデル バラエティの女王「鈴木奈々」さんが超人気者になった「本当の理由」(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース

バラエティの女王「鈴木奈々」さんが超人気者になった「本当の理由」(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース

8 second read
0
29

オスカー、エイベックスで、数々の人気モデル・女優を育て、みずからもモデルとして40年近く活躍してきた伊藤芳則さん。著書『トップの法則』は、ビジネスでも使える「成功の秘訣」が満載の一冊だ。プライベートはさらさないことを良しとしていた、かつての芸能界。その常識をくつがえし、あえて「プライベートをさらす」ことで成功したのが、バラエティ番組などで活躍中の鈴木奈々さんだ。彼女がとった戦略を、貴重なエピソードをまじえて分析する。

【見るだけで元気が出る!】鈴木奈々さんの超キュートな「愛され笑顔」

生活感を出したら終わり?

僕が入ったころの芸能界は「プライベートはさらさない」が基本中の基本でした。

先輩モデルからも「モデルは、生活感を出したら終わりだよ。生活感を出さなくなって、初めて本物のモデルだからな」と、よく言われたものです。

ですから僕は、たとえば撮影現場で「彼女がいるの?」と聞かれたら「募集中です」と答えていました。田園調布に住んでいたことや、車はBMWに乗っていたのも演出のうちです。

服装もTシャツにジーンズを穿いてジャケットを羽織る「ザ・メンズモデル」を演じ、仕事を得ていました。

そんな中、あえてプライベートをさらす戦略を採って成功したのが、タレントの鈴木奈々さんです。

彼女は、たしか読者モデルからのスタートだと記憶しています。

何をしても憎めない鈴木奈々さん

僕が演出するファッションショーに出演していただいたときの話ですが、鈴木さんはとても愛想がよく、腰も低くて好感度は抜群です。

ただ、打ち合わせの際「じゃあ、ランウェイトップ(突き出たステージのいちばん前)まで、ワンウォークしてください」と言ったのに、彼女は本番でずっとピョンピョン跳ねながら手を振って、上手から下手に横移動していってしまいました。

僕は「なんで前に歩かないんだよ!」と、ずっと演出席から叫んでいました。

きっと彼女は、ファンサービスとして一生懸命に手を振ることに集中するあまり、ランウェイトップまで歩くことを忘れたのでしょう。

そんな困った一面がある彼女ですが、始終ニコニコと笑顔なので憎めません。好感が持てるのです。

いまやバラエティに欠かせない存在となった鈴木さんですが、彼女の戦略は「プライベートをさらす潔さ」にも表れています。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

人気急上昇のYouTuber「かの/カノックスター」YouTubeチャンネル登録者数100万人突破! – PR TIMES

様々な料理を豪快に食べまくるモッパン動画で人気のかの。その食べっぷりや、「アマクテー」「アーラオイシッ!」など … …