Home モデル パナソニック、スポーツタイプの電動アシスト自転車をモデルチェンジ – レスポンス

パナソニック、スポーツタイプの電動アシスト自転車をモデルチェンジ – レスポンス

12 second read
0
39

パナソニックサイクルテックは7月20日、スポーツタイプの電動アシスト自転車の新型『ジェッター』、『XM-D2 V』を8月3日に発売すると発表した。

ジェッターはミドルレンジで今回フルモデルチェンジし、フラッグシップであるXM-D2 Vは新パーツを採用してマイナーチェンジした。

新型ジェッターは、フォルムを一新、ダウンチューブに沿わせた新設計のバッテリーを搭載し、スポーティーなスタイリングを目指した。サイド液晶ディスプレイを採用した手元スイッチは、適度なクリック感とスポーツ走行に必要な様々な情報を表示する。

また、電動アシスト自転車スポーツタイプのフラッグシップ、XM-D2 Vは、2019年3月に発売した限定モデル「XM-D2」をアップデートするもので、本格的な前後サスペンションの採用に加え、特に要望の多かったドロッパーシートポストを採用し、オフロード走行時のパフォーマンス向上を図った。

価格はジェッターが15万円(消費税除く)、XM-D2 Vが63万8000円(同)。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

巨大ITはメディアを救うべきか – 日経ビジネスオンライン

全3432文字 グーグルが世界のニュースメディアに対し、コンテンツ使用料として計10億ドルを支払うと発表した。 … …