Home モデル ファッションモデルの実態は借金奴隷? #MeToo後の最大のタブー

ファッションモデルの実態は借金奴隷? #MeToo後の最大のタブー

16 second read
0
128

【10月28日 AFP】パリやニューヨーク、ミラノのファッションショーのランウェイをさっそうと歩くモデルたちは、金銭で買うことができる最も美しい服を着て、世界中を飛び回る。まるで夢の世界に生きているかのようなそのグラマラスな生活とは裏腹に、多くのモデルたちは「小遣い」程度の稼ぎしか手にすることができていない。しかも、エージェンシーへの借金に縛られている実情については、多くのモデルが口を閉ざしてしまう。

 これまで、ファッション誌「ヴォーグ(Vogue)」に登場したり、プラダ(Prada)、リック・オウエンス(Rick Owens)、コム デ ギャルソン(Comme des Garcons)といった名だたる高級ブランドのショーに出演してきたというモデルのクララさん(仮名、26)は「(こうした状況については)話題にすることもできない。この業界の人たちは『成功している女の子』としか仕事をしたがらないから」とAFPの取材に語る。

 ロンドンを拠点に活動しているクララさんは、ニューヨークとパリのエージェンシーに多額の借金をしている。仕事を失う恐れがあるとの理由から、仮名を条件に取材に応じ、彼女自身や同僚のモデルたちの多くが陥っている「罠」について話してくれた。

 他のモデルたちからも、報酬の代わりに服やハンドバッグを渡されたといった声や、ファッション雑誌の撮影では「支払いを受けたことはほぼない」という声も漏れ聞こえてきた。

 こうした状況を打破するため、モデルの人権擁護グループ「モデル・ロー(Model Law)」が今年初め、パリで発足した。同グループによると、セクハラ告発運動「#MeToo(私も)」によって虐待問題が明るみに出て以降は、モデルの借金問題が業界最大のタブーとなっているという。

「モデル・ロー」の共同創設者で、パリのショーの常連モデルでもあるエカテリーナ・オジガノバ(Ekaterina Ozhiganova)さん(26)は「長年にわたる虐待、怪しい仕事、労働法の軽視といったものを終わりにしないといけない」と話す。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

りゅうちぇる告白 ヒゲだけじゃない「顔と下半身がもともと毛だらけ」 (2019年6月16日) – エキサイトニュース – エキサイトニュース

 読者モデルでパパタレントのりゅうちぇる(23)が16日、都内で行われた美容フェス「Beautycon Tok … …