Home インスタグラマー フェイクなインスタアカウント「フィンスタ」が流行る理由(AMP[アンプ]) – Yahoo!ニュース

フェイクなインスタアカウント「フィンスタ」が流行る理由(AMP[アンプ]) – Yahoo!ニュース

6 second read
0
22

フィンスタグラムーーこんな言葉をご存じだろうか。

フェイク・インスタグラムを省略してフィンスタグラム、フェイク・ニュース(嘘のニュース)と同義の「嘘のインスタグラム」アカウントのこと。

このフェイク・インスタグラムが今10代の女子を中心にひそかな人気だそう。

本当の自分を取り戻すチャンス、と煽る心理学者がいたりもする、何かと注目を集めているフィンスタグラム。若者たちは何を目指しているのだろうか。

インスタブーム

インスタ映え、という言葉が日本で流行語大賞を取ったのが2017年。

それ以降も、フェイスブックやツイッターなどソーシャルメディアが全体的にユーザー数で伸び悩んでいるといわれる中、ユーザー数を伸ばしていると言われている。

インスタグラムは、なんといっても画像、見た目が勝負。見た目にどんなにかわいくて美しい写真が撮れたか、珍しい映像が取れたか、がカギだ。

スマホの浸透率の高まりと、驚異的に進歩した技術によって、今や誰もがプロ顔負けの写真を簡単に撮れる一億総カメラマン時代だ。

芸能人たちがイメージ作りのため、戦略的にインスタグラムの写真を挙げるのと同様、一般人の我々も同じことをしている。友人に自分はこう思われたい、認められたい、という理想像の承認欲求を満たすツールだからだ。

すると友人より、あの人よりも良い写真を撮ろう、どこそこへ行ったことを自慢しよう、思い切ってした贅沢をさりげなく自慢しよう、という気持ちが自然と沸き起こりどんどんエスカレートする。

近年突然インスタグラマーが押し寄せて社会問題になったインスタ映えスポットが話題になったのも記憶に新しい。

ティーンの女子なら持っている「フィンスタ・アカウント」

そして今、インスタグラムのアカウントを開設している10代、特に女子の間で爆発的ブームなのが「フェイク・インスタ」アカウント、フィンスタグラムだ。

現在持っているアカウントに加えてもう一つアカウントを持つということ。インスタグラムの機能そのものがアカウント複数持ちを支持している。

このフィンスタにいったい何をアップするかというと、髪型がきまらなかったダサい日の自撮り、本物のすっぴんの顔、失敗して形の崩れた手作りクッキー、散らかり放題の部屋、変顔、吹き出物・・・。

通常のインスタグラム投稿のようにフィルターをかけたり、黒目を大きくして可愛く見せたり、都合の悪い部分を切り取ったりはしない。

ありのままの写真を投稿して、ごく親しい仲間だけに閲覧してもらうためのものだ。仲間内だけでウケる冗談をアップするのもあり。

実際、インスタグラム1つ目のアカウントには3000人のフォロワーがいる女子高生も、フィンスタグラムのフォロワーは平均20人未満。しかもそれがフィンスタグラムにはちょうどよい数だ、と断言する。

「素敵な人生を楽しむ私」が社会全体の多くの人たちからどう評価されるか(どれだけ「いいね」をクリックしてもらえるか)を重視している一方で、自分でもそれが本当の自分でなく、飾られ、切り取られそして修正された自分と自分の日常であると、彼女たちも分かっている。

そのうえで、「本当の自分」を出せるフィンスタグラムでごく近しい人たちから、本当の評価を得たい、と思う承認欲求の表れだろう。

人間が「他人が見る理想的な自分」を思い描き、形にして人に見せる行為は、もう数百年も前にさかのぼる。

王族や富豪たちがこぞって自分や家族の肖像画を画家に描かせ、館に飾っていたのはインスタグラムの投稿と同じ心理だろう。きれいに修正された、自撮りさながらの絵画を人目に付く場所に飾り、人からほめたたえてもらう、承認欲求の表れだ。

脈々と受け継がれてきた人間の性は10代や20代の若者は自身のアイデンティティや、自己評価をどうしてよいものか迷い揺れる年ごろ。インスタグラムにその評価をゆだねてしまうのも致し方ないのかもしれない


【関連記事】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ファン骨抜き!新井恵理那が「胸のドアップ」写真投稿の衝撃 – 徳間書店

 フリーアナウンサーの新井恵理那が9月18日、インスタグラムを更新。衝撃のサービスショットで男性ファンの目を楽 … …