Home その他 フォロワー数に踊らされないために ユーチューバー「ピロシキーズ」が大事にしていること(telling,) – Yahoo!ニュース

フォロワー数に踊らされないために ユーチューバー「ピロシキーズ」が大事にしていること(telling,) – Yahoo!ニュース

16 second read
0
28

「ピロシキーズ」という YouTubeチャンネルを持っているタレントでエッセイストの顔も持つ小原ブラスさんが、有名人や一般人とさえも切り離すことのできなくなりつつある、「フォロワーの数」について考察してくれました。「こうあるべき」という押しつけを軽やかにはねのけて、性別も選択肢も自由に選ぼうとしている「グラデ世代」。みなさんはどう考えますか?

【画像】テリ子が行く! いまどきのカプセルホテルでお昼寝のススメ

●グラデセダイ15

「またあの芸能人もYouTubeを始めたらしいよ」

2019年は平成から令和に変わり、様々なことが目まぐるしく変化した1年だったが、そんな1年で僕の周りで最も話題になった噂話は間違いなくこれだと思う。僕もYouTubeで動画を配信しているので、このような話題には敏感だ。

これまでも芸能人がYouTubeを始めたというのはよく聞く話だったが、2019年は特にそれが顕著で爆発的に増えたと感じる。しかも芸能人に留まらず、これまでYouTubeに関心のなかった一般の方でもYouTubeを始めてみようという話もよく聞くようになった。

このタイミングでYouTubeを始める理由は様々だろうが、芸能人であればメディアの表舞台に出られなくなった時に発信する場が欲しい、というのが1番の理由だろう。これまでの芸能人はメディアでの露出が減ると芸の道を退かざるを得ないことが多かったが、個人として発信する力があれば芸の道を続けることが出来る。YouTubeは芸能人にとっての保険のようなものなのかもしれない。

ちなみに僕も「ピロシキーズ」という YouTubeチャンネルをやっているが、仕事が少ない時期はYouTubeに取り組めるので心安らかだ。僕がYouTubeを始めたのは、タレントとしての資料用に動画をアップしておきたかったからだ。というのも、TV番組の担当者に「関西弁を喋るロシア人」と売り込んでもいまいちピンとこない。だから、どんなものか実際の動画を是非みて判断してほしいという思いで動画をアップしてみたのがきっかけだ。だから、トークをカットするような編集をしないというのが当初の拘りだった。その意味があったかどうかは分からないが、TV局ではよく「ピロシキーズみましたよ」と、ニヤニヤしながら言われることが多い。今では楽しくなってしまい当初の目的とは離れ、すっかりYouTuberだ。


【関連記事】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

映画「映像研には手を出すな!」5月15日公開 4月にドラマ化決定&新キャスト発表 – 映画.com

2020年2月18日 09:00 [映画.com ニュース]「乃木坂46」の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が共演 … …