Home その他 フォロワー13万人、本も出版 寮母さんのガツンごはん – 産経ニュース

フォロワー13万人、本も出版 寮母さんのガツンごはん – 産経ニュース

8 second read
0
20





ゆで卵で顔を表現した弁当(あきこさん提供)
その他の写真を見る(1/7枚)

 造船関係会社社員寮で寮母を務めるあきこさん(38)。力仕事の社員を支えるメニューは、ガツンと胃袋にくるものでありながら、人の顔を表現した“キャラ弁”など見た目も楽しい「映(ば)える」ものも多い。「記録用に」とスマートフォンで撮影し、インスタグラムにアップすると話題となり、ついには手がけた料理を写真で紹介した「寮母あきこのガツンごはん」(マガジンハウス刊、税別1400円)が出版された。

飽きがこないメニューを

 ゆで卵とウインナーでコミカルな人の顔を表現した弁当があるかと思えば、手羽元のから揚げはボリュームたっぷり。カニカマと大葉の酢飯おにぎりは彩り鮮やか。見ているだけでも楽しくなってくる食事ばかりだ。「予算は昼食1人400円、夕食1人800円。その予算内で味がかぶらず、飽きがこないようにメニューを工夫しています」とあきこさん。

 寮母といえば住み込みのイメージが強いかもしれないが、あきこさんは週休2日で社員寮に通っている。勤務時間は午前8時から午後5時。出勤直後の約1時間で寮内の掃除を済ませ、正午までに社員らの昼食作りが始まる。午後からは夕食作りだ。お昼時の正午から午後1時は休憩時間で給仕などをしないため、「社員と顔を合わせることはほとんどありません」(あきこさん)という。

 あきこさんは高校卒業後、いくつかの仕事を経てパン職人に。旅館兼すし店で働いた後、たまたま見つけた求人で平成30年、寮母になったという。「飲食関係の仕事をしたかった。自由にメニューが決められるのにひかれた」とあきこさん。当初はどんぶりものを中心に提供していたが、やがて弁当へシフトチェンジ。「どんぶりのネタがなくなり、苦手克服のために弁当作りをしようと考えました」と振り返る。

レシピは「目分量」

 そんな中でできあがった料理をインスタにアップしていたところ、「こんな弁当が作りたい」「この料理をまねしたい」などと話題になり、気がつけばフォロワーは13万人超に。そして出版社から書籍化のオファーが飛び込み、「レトロな寮の雰囲気を残したリアルな料理を掲載する」というあきこさんの要望が取り入れられた書籍の出版となった。

続きを読む

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ビジネスモデルの転換期に コンビニ業界早わかり – 日本経済新聞

コンビニエンスストア業界は再編が相次ぎ、大手3社が国内シェアの約9割を占める。ただ新規出店にはブレーキがかかり … …