Home その他 “フォロワー170万人”37歳写真家の作品 – ニコニコニュース

“フォロワー170万人”37歳写真家の作品 – ニコニコニュース

27 second read
0
71

8年前からSNSに写真を投稿し続け、インスタグラムのフォロワーが170万人を超える37歳がいる。ミニチュア写真家の田中達也氏だ。大学で美術を学び、地元のデザイン会社に就職。SNSに投稿していたジオラマ人形を使った作品が話題となり、ミニチュア写真家として独立した。テレビドラマやCMにも起用される着想の源泉とは――。

■8年前からSNS投稿を欠かさない

37歳のミニチュア写真家・田中達也が作るのは、日常に存在するものを別のものに見立て、ジオラマ用の小さな人形と組み合わせたアート作品だ。8年前から毎日欠かさずSNSへの投稿を続け、インスタグラムのフォロワー数は170万人を超えている。2017年NHK朝の連続テレビ小説ひよっこ」のタイトルバックを担当した。中国や台湾でも人気が高く、個展を開催すれば12万人が来場。テレビドラマやCMにも起用され活躍の場を広げている。

クロワッサンを雲に見立てた「クモワッサン」、コッペパン新幹線に見立てた「新パン線」など、作品はユーモアセンス抜群だ。田中は自らを「見立て作家」と語る。その独特な世界観と発想はどうやって生まれているのか。作品制作の舞台裏にドキュメンタリー番組「情熱大陸」が密着し、その着想のヒントを探った。

■「真面目にバカバカしいことをするのが大事」

鹿児島県にある自宅兼工房で、妻と2人の息子と暮らす田中。毎日必ず1つ作品を作り上げて撮影し、自身のSNSに投稿するのが日課だ。自宅の1室には食品サンプルや雑貨など、無数の小道具、そして約1.5cm大のドイツジオラマ人形約2万体がある。これらをどう配置するかで物語が生まれるのだ。

例えば、蚊取り線香を西洋の庭園に見立てた。「デートはキンチョウする」と、粋なタイトルだ。洗濯バサミを飛び込み台に、タオルプールに見立てた作品のタイトルは、「干されないように頑張れ!」。日常にあふれる「何か」を「別の何か」に見立てて作った作品の数は、これまで3000点に及ぶ。

田中は、自身の職業を“見立て作家”と語る。

【田中】「真面目にバカバカしいことをするというのが大事です」

毎日インスタグラムに投稿し続けたところ、口コミで人気が広がった。最近ではテレビドラマタイトルバックやCM、ベストセラー作家の装丁にも起用され、活躍の場を広げている。

「白いスニーカー」から生み出した世界

「ミニチュアの神」とも呼ばれる田中がこの日、手に取ったのは白いスニーカー。これを雪山に見立て、雪化粧した木々やソリで遊ぶ子供を配し、楽しい世界観を生み出そうとした。

だが完成して写真撮影に臨むと、手が止まった。別のアイデアが浮かんだからだ。スニーカーの縫い目は、よく見てみると雪山に残る何かの「足跡」に見えないだろうか。

最終的には、縫い目を「鹿の足跡」に見立てた。ふもとのハンターがその姿を探して躍起になっているという“見立て”だ。タイトルは「獲物は一足先を行っている」。全部でほぼ2時間の工程だった。

後日、田中は浮かない顔をしていた。

【田中】「良いとこ見せられたと思ったら“いいね!”の数が全然少なくて……(笑)

「いいね」が4万8000件というのは本人の感覚としては低評価なのだそうだ。「考えすぎて、作りこみ過ぎると伝わらない」と語る。

【田中】「(僕の作品は)分かってもらえないと成立しないアート。誰もわからなくて良いというのは絶対ありえない」

ちなみにこれまでで最も「いいね!」が多かったのは28万件。SNSへの投稿は「分かりますか?」の確認作業でもあるという。

■夕方からは「子供たちとの時間」

子供時代から鉄道模型やレゴが大好きだった田中は大学で美術を学び、地元のデザイン会社に就職。サラリーマン時代に趣味でジオラマ人形を使った作品のSNS投稿を始め、のちにミニチュア写真家として独立した。当時まだ結婚したばかりだったが新妻は快く「いいね!」と言ってくれた。

現在は、幼い男の子2人の父親だ。出張の日以外は、夕方から子供たちが眠るまでの時間は仕事を入れず、子供たちの相手をすることに決めている。田中の自由な発想は、子供との遊びの中から生まれているのかもしれない。

■スーパーマーケットで個展を開催

昨年末、田中はスーパーマーケットに作品を展示して個展を開くという初の挑戦をした。鮮魚売り場には魚のしょうゆ入れをマグロに見立てた作品、精肉売り場には肉の上でビキニギャルが日焼けをしている作品、パンコーナーにはクロワッサンの雲の上で人々が憩う作品を展示した。

田中は個展への思いをこう語った。

【田中】スーパーマーケットで展示するなんてありえないと一瞬思うけど、そこは逆に絶対にやった方がいい。“日常に即しているものをいかに崇高に持ち上げるか”が見立ての面白さ」

そんな思いとは裏腹に、展示に気づくお客が少ない。なぜか。誰もが買い物を目的に来ているからだ。その上、特に大きな告知もしていない。作品の存在に気づかれもしない状況に、田中の表情から笑みが消えた。

それでもしぶとく現場を離れない……その時だった。

1人の客がスマホで作品を撮り始めた。別の場所ではクスクス笑う客もいる。スーパーマーケットのそこかしこから小さく聞こえ始めた「いいね!」の声に、田中も安堵の表情を浮かべた。

■「今の自分」をミニチュア作品に見立てると……

番組は田中に「今の田中自身をミニチュア作品に見立てて表現してほしい」と依頼をした。田中が取り出したのはスキージャンパーの人形だ。完成したのは、携帯のスクリーンを雪山の斜面に見立て、その上で飛距離を伸ばしていくスキージャンパーの姿だった。スクリーンには、これまで投稿してきた作品が過去から未来へ流れるように再生されている。

題して「K点越えというより携帯越え」。飛び続けるジャンパーには田中の決意が表れている。

【田中】「どこまで着陸せずに飛び続けるかということが今後の目標ですかね」

8年間休まずに続けてきた投稿を、これからもまだまだ続けるつもりだ。

———-

———-

———-

———-

ミニチュア写真家 田中達也氏(写真提供=毎日放送)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

インスタグラム12万人超フォロワーの漫画家・ごめんの新作企画展「#オンエアー」 原宿Backstage Cafe で開催:時事ドットコム – 時事通信

[KKBOX JAPAN 合同会社] ~井上苑子、リーガルリリーとのコラボ作品も~ インスタグラムフォロワーが … …