Home その他 フォロワー300万超のグラビア界のインスタ女王・森咲智美、話題のSNSへの想い「森咲智美のすべてをSNS上で発信しています」(デビュー) – Yahoo!ニュース

フォロワー300万超のグラビア界のインスタ女王・森咲智美、話題のSNSへの想い「森咲智美のすべてをSNS上で発信しています」(デビュー) – Yahoo!ニュース

32 second read
0
26

 インスタグラムのフォロワー数が約3,000,000人(芸能人ランキング20位)を超える“日本一エロい、エロ過ぎるグラビアアイドル”森咲智美など、豊富なタレント育成の経験とノウハウを持つリップが、次世代のスターを発掘すべく、オーディションを開催。募集にあたり、森咲智美がSNS、YouTubeの反響や、制作への思い、今後の目標について語った。

【写真】インスタをはじめSNSで存在感を見せる森咲智美。

◆森咲智美インタビュー◆

――先月放送された『マツコ会議』(日本テレビ)に、“グラドルのSNS戦略”の成功例としてゲスト出演されていましたが、反響が大きかったのでは?。

「めちゃくちゃ反響があって、直後にインスタグラムで7000人、ツイッターで3000人、延べ1万人ぐらいはフォロワーが増えました。ご一緒した倉持由香さんはSNS女王で先駆者なので、話していてとても勉強になりました。でもめちゃくちゃ緊張していて、番組ではもっちーさんに食われちゃいましたね…(笑)。やっぱり先輩はすごいと感じたんですが、倉持さんにもSNS上で負けたくないなって思うし、お互いにグラビアを盛り上げていける存在になれればいいなって思います」

――今春スタートしたYouTubeも好調ですね。

「YouTubeはグラビアアイドルとしては珍しい登録者の伸び方だと言われていて、もっと知名度を上げて、いろいろなプロモーションに繋げていきたいです。私のほうからずっとYouTubeをやりたいと言っていて、新型コロナウイルスの自粛要請が始まる少し前から始められたのは良かったと思います。YouTubeに関しては、うちの事務所は自由にやらせてくれています。社長もスタッフも、タレント一人一人のことを考えてくれて、やりたいことが実現するようにバックアップして、導いてくれています」

――サバイバルキャンプにまでチャレンジするとは驚きました。

「元々ナスDさんとか、かまいたちさんの『Aさんの話』(ABC)の無人島サバイバルが好きで、楽しそうだなと思っていたので、自分から“サバイバルやりたいです”って言って実現しました。ファンの方にとっても変化球だったようで、登録の伸び率も再生回数もよくて、みなさん面白がってくれています。サバイバルに挑戦するのは初めてなので、キャンプのプロの“群馬のランボー”さんに弟子入りして。濁った川に水着で入ったり、ナマズを手づかみしたり、キャンプご飯を紹介したり、カヤックに乗ったり…。いろんなことをさせてもらってます。無人島サバイバルできるぐらいの修行をさせてもらっているので、目標としてはゴールデンのテレビに出たいですね(笑)」

――サバイバル中もちょいちょいエロい語彙を挟むのが、単なるYouTuberではなく、さすがエロをエンターテインメントとして表現してきたプロだなと思いました。

「言葉は何も考えずに反射的に出てます(笑)。そんなふうに評価していただけるのはありがたいですが、正直自分ではわからないですね…。ただ、“日本一エロ過ぎる”というキャッチフレーズで活動しているという意識が強いですし、『森咲智美』というキャラクターが存在していて、それに沿って行動しているので、どんな企画をやったとしても、森咲色のフィルターがかかるのかもしれないです。いずれにしてもエロを楽しんで表現できたらいいなって思っています」

――自身の可能性が広がったのでは?

「やりたいことを自由にできるというのが大きいですね。サバイバルもそうですし、お酒もすごく好きなので、お酒を飲みながらの生配信もできますし。それを多くの方に観ていただいて、次の仕事に繋がればいいなって思っています」

――YouTubeを始めて、発見したことはありますか?

「“意外と声低いんだね”とか“声が好きだ”という反応があって。声が低いことがコンプレックスだったので、意外と受け入れてもらえるんだなという自信になりました。インスタでは写真はガッツリ編集しがちなので、YouTubeで生っぽい自分を出すのが最初は怖かったんですが、そこも受け入れて下さっていて、有難いと思っています。森咲智美のすべてをSNS上で発信しているという感じで、ほぼ素でやっております(笑)」

――お酒を飲みながらの生配信では、かなり際どい部分まで解放している気が。

「私については“まずはやっちゃえ!”という感じで、なんでもOKなんですよ(笑)。インスタは作りこんだエロで攻めて、YouTubeでは素の部分を出していきたいと思っているんです。そういうことを自分発信でできるのは、今の時代有難いなって思います。私のYouTubeはカテゴリーを決めていないので、いろんな角度から視聴者さんに受け入れてもらえているのかなと思います」

――水着や下着の試着レビューは女性にも観てもらえているのでは?

「YouTubeを始めるとき、女性層にも受け入れてもらおうというテーマがあって。水着紹介や、補正下着のレビューとか、役立つ情報系もやってるんですけど、観てくださっている95%ぐらいは男性で(笑)。でも少しずつでも女性ファンが増えているので、やった意味はあったと思います。女性は“性格が好き”とか“媚びない感じがいい”とか言ってくれて、媚びないエロ、いやらしくないエロというか…やりきったエロを見せられているのかなと」

――インスタグラムは女性的な文化だと思うんですけど。

「こちらも女子は5、6パーセントぐらいなんですけど、分母が大きいので、かなり増えたと思います。イベントに“彼女が好きでついてきました”といって、カップルで来るパターンもあったり。お母さんが“息子にサインをあげたくて”って来てくれたり」

――グラドルとしては新たな突破口じゃないですか?

「グラビアは一般的に女性から嫌がられるものだったんですけど、それを超えて好かれるというのは…何ででしょうね? 時代ですかねぇ? 私もグラビアの子や、それこそセクシー女優さんもめちゃくちゃ可愛いって思って見ちゃうので。女性の方からも“綺麗だな““可愛いな”って思ってもらえるようになったら素敵ですね。将来、下着のブランドを作って、ゆくゆくは社長になりたいという目標があるので、女性にも楽しんでもらいたいです」

――グラドル以降のヴィジョンにもSNSが役に立ちそうですね。

「“お金持ちになりたい”という想いが根本にあるので、どうしたらなれるかなと思った時に、自分の仕事の延長線上で、下着のプロデュースというのはあるんじゃないかと。デザインは苦手なんですが、映えさせるのは得意なので(笑)。製作の過程をYouTubeで見せてプロモーションもできるし。やっぱり社長になるのが夢だし、プロデュース側もやっていきたいので、そこを目指して行動していけたらいいなと思います」

――インスタグラムでは外国語のハッシュタグもつけていますね。

「フォロワーは日本が1位なんですけど、その後にインドネシア、台湾と続くので、アジア圏も視野にプロモーションしたいと思っています。新しいことをやっていくために、海外の方にも受け入れていたただけるような写真を、これからもアップし続けたいです」

――今後所属事務所のリップでは、YouTuberやSNSを活用して活躍できる人材を募集する予定です。今後応募するかもしれない人に、言ってあげられることはありますか?

「今の時代、自分で発信していくことがより大事です。自分から発信することで、いろいろな方が見てくれて、プロモーションにもなっているし、自分の力にもなっている。そして今後の自分の夢も、SNS発信から繋がって実現していく部分が絶対にあると思います。まだ始めていない子も、自己プロデュースが大事になってくる時代なので、自分の思い描いたことをYouTubeやSNSを武器に表現していけたら、強みになるんじゃないかと思います。事務所もバックアップしてくれるので、自分の夢を追いかけやすい事務所だと思います」

――今取材させていただいている場所は、事務所の持っているスタジオです。森咲さんもここから配信しているんですか?

「撮影会に使っているスタジオなんですが、収録のスタジオにも使えます。照明などの機材も揃っているので、気軽に始められますよ。最近は自分のカメラも買っちゃいました。動画のクオリティを上げたくて、YouTubeでお小遣い程度は稼げるようになったので、自分に使うんじゃなくて、動画で還元したいと思って、形から入りました(笑)」

――今後『森咲智美チャンネル』でやってみたいことは?

「“声が好き”って言ってもらえているので、朗読とか。長く聞けるものも残したいですね。ほかにもお酒が好きなことを活かして、ちょっとしたおつまみを紹介するとか。あとはロケに行きたいです~。旅番組が好きなので、田舎の田んぼを耕したり、田舎のおじいちゃんおばあちゃんのご飯食べたり、おいしいお酒を飲んでみたり…いいYouTubeになるんじゃないかなぁ。それがテレビのお仕事に繋がればいいんですが、NHKさんとかのお昼の番組は【日本一エロ過ぎる】って言っちゃってる手前難しいかも(笑)。でも素の人間性の部分も出しながらやっていきたいと思います」

――ありがとうございました。

なお現在、森咲智美が所属するリップが「所属YouTuberオーディション」および「次世代のグラビアスター」の募集を行っている。応募の方法はオーディション情報サイト「デビュー」を参照。

◆森咲智美
「日本一エロい エロすぎるグラビアアイドル」
キネマ旬報社主催の「グラビア・オブ・ザ・イヤー」で2018・2019とグランプリを受賞。さらにDMM動画「19DMM動画再生ランキング アイドル部門1位」など、2019年だけで5冠を獲得。インスタグラムでは自身で考えた「#これがこう」というエロハッシュタグが浸透し現在のフォロワー数は290万人を突破している。
1992年8月12日生まれ、愛知県出身 (東京都在住)
身長160cm B89(Gカップ) ・W58・H:88
趣味・特技:競馬・ギャンブル全般、一人酒、飲み歩き

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

おうち時間を楽しむ「ホームプロジェクター」全8モデル – リセマム

 エプソンは、ライフスタイルにあわせて選べるホームプロジェクター全8モデルを2020年11月27日より順次発売 … …