Home モデル フリーター急減 外食・小売りの事業モデル岐路 – 日本経済新聞

フリーター急減 外食・小売りの事業モデル岐路 – 日本経済新聞

6 second read
0
40

コンビニエンスストアなど小売りや外食の現場を担ってきたフリーターが急減している。2019年には全国で140万人を下回り、ピーク時に比べて4割弱減った。卒業後に可処分所得の高い正規従業員になる学生が増え、個人消費にはプラスといえる。その半面、非正規雇用に頼ってきた小売りやサービスの現場は深刻な働き手不足に悩まされている。

総務省が14日に発表した労働力調査の詳細集計によるとフリーター人口は19年に…

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

沢尻エリカ、一部で“歌手報道”も望み薄で残された道は「ユーチューバー」 – 徳間書店

 昨年11月、法律違反の薬物所持で逮捕され、2月6日に懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決が下った、沢尻エリ … …