Home モデル フルモデルチェンジしたAmazonの格安タブレット「Fire HD 8 Plus」は買いか? – ITmedia

フルモデルチェンジしたAmazonの格安タブレット「Fire HD 8 Plus」は買いか? – ITmedia

2 min read
0
34


 Amazonの8型タブレット「Fire HD 8」の新モデルが登場した。メモリが2GBの標準モデル「Fire HD 8」に加えて、メモリを3GBに増量し、かつ別売のワイヤレス充電スタンドが利用可能な「Fire HD 8 Plus」との二本立てだ。

 両製品ともに、スマートスピーカーとして利用可能な「Showモード」に対応しており、従来モデルとの機能差、および性能の底上げによるパフォーマンス差は気になるところだ。今回は上位の「Fire HD 8 Plus」を中心に、従来モデルと比べながら見ていこう。


「Fire HD 8 Plus」。別売のワイヤレス充電スタンドに立てることでスマートディスプレイに似た外観になる

新型Fire HD 8シリーズ
モデル名 容量 カラー 価格(税込み)
Fire HD 8 Plus 64GB ブラック 1万3980円
Fire HD 8 Plus 32GB ブラック 1万1980円
ワイヤレス充電スタンド ブラック 4600円
Fire HD 8 Plus+ワイヤレス充電スタンド 62GB ブラック 1万6980円
Fire HD 8 Plus+ワイヤレス充電スタンド 32GB ブラック 1万4980円
Fire HD 8 64GB ブラック/ブルー/ホワイト 1万1980円
Fire HD 8 32GB ブラック/ブルー/ホワイト 9980円

フルモデルチェンジで性能を底上げ

 これまでFire HD 8と言えば、モデルチェンジでも外観や重量、性能がさほど向上せず、価格の引き下げや、メモリカードの最大容量が増えるなどのマイナーチェンジがほとんどだった。

 それに対して今回のモデルは、従来は1.5GBだったメモリが3GB(Fire HD 8は2GB)に増量されているのに加え、CPUも進化し、さらに縦向きでの利用が前提だったボディーが横向き前提のデザインに変更されるなど、フルモデルチェンジと言っていいリニューアルを果たしている。Wi-FiもIEEE 802.11nから11ac対応へと進化している。

 とはいえボディーの薄さや軽さを追求しない方針はそのままで、本体は約9.7mmと分厚く、またベゼルもかなり幅がある。重量もやや軽くなったとは言え約355gと、同じ8型クラスのiPad miniよりも50g以上重く、解像度も1280×800ピクセルのままだ。

 一方、同じ容量での価格がiPad miniの約3分の1程度というのは、何よりも強力な武器だ。またワイヤレス給電に対応したスタンドは、本製品をスマートディスプレイとして使う場合に重宝する。

 ちなみに下位のFire HD 8は、このワイヤレス充電スタンドに対応しないので、スマートディスプレイとして活用したければ、迷わずPlusを選択すべきだろう。価格差が1万円や2万円も違うならばまだしも、わずか2千円差ということで、迷う余地はないはずだ。

Fire HD 8 Plus
「Fire HD 8 Plus」。横向きにした時にインカメラが上部に来るようにデザインが改められた。ちなみに同時発売の「Fire HD 8(第10世代)」も外観は同一だ。ボディーサイズは約202(横)×137(縦)mmになった


Fire HD 8 Plus
「Fire HD 8(第8世代)」以前は、縦向きにした時にインカメラが上部に配置されるデザインだった


Fire HD 8 Plus
上がFire HD 8 Plus、下が従来のFire HD 8(第8世代)。カメラ位置の変更により、ボディーの縦横比が変更されている


Fire HD 8 Plus
新たに搭載されたUSB Type-C端子の他、電源ボタン、音量調整ボタン、イヤフォンジャックは全て同じ面に配置されている


Fire HD 8 Plus
厚みは約9.7mmと、昨今のスマホやタブレットの中ではやや厚みのある部類に入る


Fire HD 8 Plus
別売のワイヤレス充電スタンド。Fire HD 8 Plusを載せるだけで充電が行える


Fire HD 8 Plus
同時発売の「Fire HD 8(第10世代)」。Plusと異なり、このホワイトだけでなくブルーとブラックのカラーが用意される


Fire HD 8 Plus
新型Fire HD 8(下)はワイヤレス充電に対応しないものの、外見はPlus(上)と同一だ

 続いて、音声操作も可能なスマートディスプレイとして使ってみよう。

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう


Showモードを用いればスマートディスプレイとして使える

 さて、スマートディスプレイとしての使い勝手を、新登場のワイヤレス充電スタンドの使い方とともに見ていこう。

 まずAlexaを有効化すると、画面上部の通知領域に、Showモードのオンとオフを切り替えるトグルボタンが表示されるようになる。これをタップしてオンにするか、または音声で「Showモードをオンにして」と声をかけることで、画面がスマートディスプレイ「Echo Show」シリーズに似た表示に切り替わる。

 このモードでは、「Alexa」もしくは「Amazon」というウェイクワードを使って、ハンズフリーでAlexaを起動させられる。音声で次の日の予定や天気を尋ねたり、さまざまな質問をしたり、あるいは連携するスマートリモコンを使って家電製品の操作が行えたりする。ディスプレイに回答を表示したり、音声を使わずに操作できたりするのは利点だ。

 この他、Showモードを起動せずにハンズフリーでAlexaを利用することもできる。スマートディスプレイとしてのみ使うならばShowモードがベターだが、タブレットとして使いながらAlexaを起動する場合は、こちらの方が適しているだろう。

Fire HD 8 Plus
ホーム画面の上から表示できるメニューに、AlexaのShowモードを制御するトグルボタンが表示される(画面=左)。従来の第8世代Fire HD 8(画面=右)とは見た目が大きく変化している


Fire HD 8 Plus
Showモードの画面。通常のタブレットモードと異なり、遠くから見ても判別できるよう文字情報が大きく表示されるのが特徴だ


Fire HD 8 PlusFire HD 8 Plus
Fireの設定画面の中にある「Alexa」およびその下の「Showモード」で挙動を設定する(画面=左)。「Alexa」の設定画面では、ハンズフリーでの利用の有無、ウェイクワードの設定が行える(画面=右)


Fire HD 8 PlusFire HD 8 Plus
ウェイクワードは「Alexa」「Amazon」の2種類だ(画面=左)。Echoシリーズには、これに加えて「Echo」「Computer」という選択肢もあるが、Fireタブレットでは利用できない。「Showモード」の設定画面。ワイヤレス充電スタンド接続時の挙動はここで設定する(画面=右、詳細は後述)


Fire HD 8 Plus
設定項目の細かいところを見ていくと従来モデル(画面=右)と微妙な差異はあるが、実際には項目が統廃合されただけで、機能そのものに変化はないのが大部分だ(画面=左)


Fire HD 8 Plus
サウンドの設定では、アラームの音量を調節するスライダーがこの画面に追加されているのが目立つ(画面=左)

 次に、Fire HD 8 Plus用として追加されたワイヤレス充電スタンドをチェックしよう。

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう


ワイヤレス充電スタンドは利便性高し

 ここまで見てきた操作は、全て従来のモデルでも対応しており、特に目新しいわけではない。本製品が特徴的なのは、別売のワイヤレス充電スタンドと組み合わせて、スタンドに立てかけると、このShowモードに自動的に切り替わるギミックが用意されていることだ。

 スタンドから取り外すとタブレット、スタンドに取り付けるとスマートディスプレイとして使えるギミックは、非常に合理的だ。なぜなら手に持った状態でスマートディスプレイとして使うことは考えにくく、逆にスタンドに立てた状態でタブレットとして使う機会は、せいぜい動画の鑑賞や、読書スタンドとして使う用途くらいしかないからだ。

Fire HD 8 Plus
別売のワイヤレス充電スタンド。本体、ACアダプター、スタートガイドなどが付属する。ちなみに、これはAmazonの製品ではなく、サードパーティー名義(ANGREAT製)になっている


Fire HD 8 Plus
底面に電源ケーブルを差し込む。スタンドの角度は固定されていて変更はできない


Fire HD 8 Plus
Fire HD 8 Plusを載せると充電が開始される。ちなみに出力は5V/1A、9V/1.1Aだ


Fire HD 8 Plus
サイズはFire HD 8 Plusにジャストフィットする。Fire HD 8はワイヤレス充電非対応のため、本スタンドを用いての充電は行えない

 ちなみに従来の設定画面では、スタンドに置いた時にShowモードを起動するか否かだけの設定だったが、本製品ではそこに「横向きに置いた時に」という但し書きが追加された。要するに、縦向きに置いた場合はShowモードに切り替わらず、そのままの画面が維持されるということだ。

 この特性を知っておけば、例えば電子書籍やWebページを表示したまま立てかけたいとき、横向きではなく縦向きに置けばよいことが分かる。どちらの状態でも充電は行われるので、Showモードに切り替えたければ横向き、画面を表示したまま充電だけしたければ縦置きと使い分けられる。知っておけば役に立つこともあるだろう。

Fire HD 8 Plus
自動モード切り替えの項目には、従来モデルの設定画面(画面=右)にはなかった「横置きで」というただし書きが追加されている(画面=左)


Fire HD 8 Plus
縦置きで載せた場合、充電は行えるが、Showモードに自動的に切り替わることはない

 ちなみにこのワイヤレス充電スタンド、角度は固定となっている。可変にすると倒れやすくなる危険はあるかもしれないが、枕元のやや高い位置に設置すると、画面が上向きで見づらく感じられることがある。せめて2段階くらいの調節はできてほしかったように思う。

 なおこのワイヤレス充電スタンドは、規格自体は汎用(はんよう)的に使えるQi(チー)に準拠しており、iPhoneなどQi対応デバイスの充電も行える。またFire HD 8 Plusを他のQi対応ワイヤレス充電器でチャージすることも可能で、試した限りではShowモードに自動的に切り替わる機能もそのまま動作した。サイズがジャストフィットしているだけで、専用品ならではのギミックはないようだ。

Fire HD 8 Plus
ワイヤレス充電スタンドは一般的なQi規格に準拠しているため、iPhoneなどQi準拠のスマホの充電も(背面コイルの位置さえ合えば)行える

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう


専用のスマートディスプレイと比べた場合の性能は?

 最後になったが、本製品がスマートディスプレイとしてきちんと使い物になるのであれば、わざわざ専用品のEcho Showシリーズを買わなくとも、本製品で代用できるのではないかと思う人もいるに違いない。

 特に先日発売された「Echo Show 8」は8型という画面サイズも本製品とバッティングする。1280×800ピクセルという、タブレットとしてはやや低めの解像度も、スマートディスプレイとして使うぶんには気にならない。また価格差(Echo Show 8は1万4980円)もそれほどない。

 しかし実際に使い比べると、Echo Show 8であれば聞き取れる音声コマンドが、本製品では反応しないことも少なくない。特に小声や、正面以外からの呼びかけにはあまり強くなくて反応する距離も短く、なるべく大きな声で呼びかける必要がある。スマートスピーカーとして利用する機会が多ければ、やはりEcho Showシリーズを買い求めた方がよいだろう。

Fire HD 8 Plus
本製品とスマートディスプレイ「Echo Show 8」(右)を並べたところ。画面サイズはいずれも8型ということで、ボディーサイズも酷似している


Fire HD 8 Plus
左右に並べたところ。Showモードをオンにした状態では画面表示もほぼ同一だ

 一方でスピーカーについては、本体後部から音が出るためこもって聞こえがちなEcho Show 8よりも、ワイヤレス充電スタンドに乗せた状態で真上に音が出る本製品の方が圧倒的にクリアで聞きやすい。特に動画鑑賞などでは、本製品の方が圧倒的に有利で、両者を所有しているのであれば、本製品の守備範囲ということになるだろう。

 ちなみにEcho Show 8は、それ自体がかなり奥行きを取る製品なのだが、本製品をワイヤレス充電スタンドに載せると、これよりもさらに奥行きを必要とするのが困りものだ。このあたりの無頓着さは同社の製品では以前からちらほら見られ、スタンドの角度が変更できない問題と併せて、もうひと工夫ほしかったところだ。

Fire HD 8 Plus
上方から見たところ。上部のスピーカーから音が出るので、Echo Show 8ほど音がこもらないのは利点だ


Fire HD 8 Plus
見かけに反し、本製品の方が奥行きを取ってしまうのが困りものだ。ちなみに、Echo Show 8の奥行きは約99.1mmだが、電源ケーブルの関係でさらに設置スペースが必要になる

 以上のように、使い込んでいくとスマートディスプレイ専用機との性能差は皆無ではないが、一通りの機能を使える入門機としての性能は何ら遜色ない。特にスマートディスプレイ専用機を使ったことがないユーザーにとっては、これが標準となるわけで、やや大きな声で呼びかける必要があることを除けば、不便に感じることはないはずだ。

 また今回の「Fire HD 8 Plus」は、従来モデルに比べるとパフォーマンスも大きく改善されており、ベンチマークを取ると、従来モデルとのスコア差は1.7〜2.5倍にも達する(Plusではない標準モデルの方がなぜかスコアが高く出るのは不思議だ)。タブレットとしての総合性能は、これまでにないほど向上している。

 そうした意味で、タブレット主体で使うユーザーには文句なくお勧めで、中でも従来モデルからの買い替えには最適だ。スマートディスプレイとしてある程度使うことが見込まれるユーザーは、前述のワイヤレス充電スタンドも、併せて購入するのを忘れないようにしたい。

Fire HD 8 Plus
antutuによるベンチマーク結果。左からFire HD 8 Plus、Fire HD 8(第10世代)、Fire HD 8(第8世代)。なぜかメモリ容量が少ないFire HD 8の方がPlusよりもスコアが高く表示される

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

約14万人のフォロワーが釘付けの「ぐでねこ」ライくんって?“癒しの寝姿” – ウォーカープラス

フォロワー数は約14万人、ojarinn(@ojarinn)さんのインスタグラムには、ゴロゴロ転がる猫の姿がい … …