Home モデル プジョー、フラグシップサルーン「508」の日本導入記念限定モデルを発売

プジョー、フラグシップサルーン「508」の日本導入記念限定モデルを発売

20 second read
0
85

業界ニュース[2018.11.05 UP]

プジョー、フラグシップサルーン「508」の日本導入記念限定モデルを発売



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
508
プジョー、フラグシップサルーン新型「508」の日本導入記念限定モデルを発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは、フラグシップサルーン新型「508」の日本導入記念限定モデル「ファースト エディション」のオンライン予約を開始した。限定台数は60台。フラグシップサルーン「508」は、2019年第1四半期に日本への導入を予定している。それを記念して、先行販売される限定モデルが「508 ファーストエディション」だ。なお、今回の限定モデルは、特設Webサイトのみで扱うオンライン予約専用モデルとなる。ボディカラーは、「アルティメット・レッド」、「パール・ホワイト」、「ダーク・ブルー」の3色を設定。「赤」「白」「青」の3色を使用するフランスの国旗を連想させている。

エンジンは、2.0リッター直列4気筒ターボディーゼルエンジンを搭載。最高出力130kW(177PS)、最大トルク400Nmを発生する。トランスミッションは、8速ATが組み合わされる。ベースとなるのは、最上級グレード「GT」で、それに「ナイトビジョン」、「パノラミックサンルーフ」などのフルオプションを装備。専用となる深紅のナッパレザーシート、19インチ大径アロイホイールを装着する。

508
特別仕様車は「ナイトビジョン」や「パノラミックサンルーフ」などのフルオプションを装備

新型508に関しては、現段階では欧州仕様の数値となるが、ボディサイズは全長4750mm、全幅1847mm、全高1404mm。ホイールベースは2793mm。荷室容量はVDA方式で487〜1537リッターとなる。PSAグループの中核プラットフォーム「EMP2」を使用して、フロントフェンダー、フロントサスペンションのアルミニウム合金化、テールゲート、トランクフロアの強化樹脂採用など、従来モデルよりも装備を充実しているにも関わらず、車両重量はほぼ同じ。また、最小回転半径をこれまでの5.9mから5.5mにして取り回りのよさを実現する。

508
特別仕様車は、専用の「レッドナッパレザーシート」を採用

インテリアは、新世代のi-Cockpit、12.3インチのヘッドアップインストルメントパネル、ドライバー向けにセットアップされた8インチタッチスクリーンを採用。サウンドシステムには、フランスのハイエンドオーディオブランド FOCAL製「FOCALプレミアムHiFiシステム 10スピーカー」を搭載する。

安全装備は、現行のアクティブセーフティブレーキのカメラクオリティを向上。2輪車および夜間の検知精度をアップさせた「第2世代アクティブセーフティブレーキ」、「レーンポジショニングキープアシスト」、「トラフィックサインインフォメーション」、「ナイトビジョン」なども装備する。

メーカー希望小売価格は、577万円(税込)


  • twitter


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【新刊案内】累計再生回数1500万回!チャンネル登録者数30万人・人気YouTuberクリス・モンセン初の書籍が発売 (2019年8月21日) – エキサイトニュース

『そろそろ、大好きなことで生きていこうよ!』8/21(水)発売  株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取 … …