Home モデル プラスサイズモデル藤井美穂、いじめっ子役を演じて知った「他人には他人の正義がある」ということ(telling,) – Yahoo!ニュース

プラスサイズモデル藤井美穂、いじめっ子役を演じて知った「他人には他人の正義がある」ということ(telling,) – Yahoo!ニュース

6 second read
0
56

日焼けした肌にワンレングスの黒いロングヘアー。米国在住の女優、藤井美穂さんは、身長163センチ、体重80キロの体型を生かした「プラスサイズモデル」としても活動中です。インスタグラムのフォロワー数は7.1万人のインフルエンサーでもあります。ファッションとメイクのこだわりから見えてきたのは、自分自身の価値を知っている一人の女性の「強さ」。そしていじめっ子役の演技を通じて、藤井さんが感じたこととは?

【画像】プラスサイズモデル藤井美穂さん

メイクをするのは着る服を決めた後

――藤井さんのインスタグラムを見ると、いつもメイクが決まっていると感じます。こだわりのポイントはありますか?

藤井美穂さん(以下、藤井): 一番気をつけていることは、「メイクと服装の系統があっているか」ということです。インフルエンサーの仕事を始めてから、服を提供してもらう機会が増えました。その服を着て撮った写真をインスタグラムにアップするのですが、ある日、顔と服のテイストがあってないことに気付いたんです。

これまでは、自分の好みにあった服ばかりを着ていたので、毎日同じようなメイクでも違和感はありませんでした。それが、服装のバリエーションが増えたことで、従来のメイク一点張りだと、顔まわりだけ浮いてしまうことがわかりました。

それからは、朝起きたらまずは着る服を決める。その後、服に合ったメイクをする、という順番に変えました。

――なるほど。日本では、持ち前の肌や目の色などから似合うメイクを見つける「パーソナルカラー診断」をする人も増えてきています。藤井さんはされたことはありますか?

藤井: まだないですね。これまで使ったことのない色のアイシャドウやリップなどを買ってみても、「似合わない……」と思うこともあります。でも、トライアンドエラーを繰り返していくと、徐々に自分に合う色と合わない色がわかっていきます。

もし合わないと思っても、そこで諦めずに、重ね付けをしたら意外と使えることもあります。失敗を恐れず、新しいメイクを試してみるのはアリだと思います。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

前澤友作氏が一千万人超のフォロワーに新事業の提案「みんなで会社作りませんか?」 – エキサイトニュース – エキサイトニュース

〝お金配りおじさん〟こと「ZOZO」創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が24日、自身のツイッターを更新。 … …