Home モデル プログラミング不要、最適なAIモデルの検証/運用を効率化するプラットホーム「IDEA」をリリース – 時事通信

プログラミング不要、最適なAIモデルの検証/運用を効率化するプラットホーム「IDEA」をリリース – 時事通信

47 second read
0
42

[Intelligence Design]

最適化されたAIモデルを感覚的に、ビジネスに利活用できる。AIを気軽に検証/運用できるサービス

Intelligence Design株式会社は、9月2日(月)クラウド型AI検証/運用プラットフォーム「IDEA」(https://idea.i-d.ai)をリリースします。各画面のフローに沿って操作するだけでAIの検証/運用が可能なプラットフォームを提供することで、AIを気軽に利用できる環境を社会に広め、さらなるAI活用を促進します。

Intelligence Design株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中澤 拓二)は、AI検証/運用構築プラットフォーム「IDEA」(https://idea.i-d.ai)を9月2日(月)より提供開始しました。本プラットフォームは、AI、統計学、プログラミングなど、これまでのAI構築には必須とされてきた知識を必要とすることなく、簡単な操作で、AI検証/運用を可能とするものです。

■ AI開発を取り巻くリソース不足
AIを活用できる先端IT人材を求める動きは業種横断で活発になっています。政府はIT業界全体で人材が約30万人、AIを含む先端IT人材は5万人不足するといった試算を発表しており、国を挙げての先端IT人材の育成/補填が急務となっています。一方、AIを導入するためにはAIに関する知見、数学・統計学の知識、プログラミングの知識などが必要とされますが、これらの複数の高度なノウハウを有する先端IT人材は希少性が高く、人手不足の昨今においては採用も困難な情勢です。

■ IDEAが解決できる課題
そこで、当社では「IDEA」を用いてAI技術を簡単に利用できる環境を提供し、企業におけるAIの検証/運用を促進します。「IDEA」では、「学習データ準備」「適用するアルゴリズム・モデルの選択」だけでAIを構築、結果を取得できます。また、それらの作業はボタン選択とマウス操作のみで実行でき、手軽にAIを利用できます。これにより、従来以上に多くのユーザーがAI技術を利活用でき、社会によりAIが普及されることが期待されます。

■ IDEA開発方針
様々なニーズに応じて「IDEA」を更にご利用いただけるよう、搭載機能・モデルを逐次充実させる予定です。

■ 会社概要
Intelligence Design株式会社は、最先端のテクノロジーを持つ国内外の企業や技術者たちと連携し、新たなプロダクトや人工知能をソリューション化したサービスを生み出し、社会実装を推進して行く企業です。デザイナーからサイエンティスト、エンジニアに到るまで、様々な人々がAI/先端技術を利活用することを促進していきたいと考えています。その実現に向けた第一歩として、「IDEA」を開発・提供しています。

■ 会社情報
設立 :2018年5月
本社 :東京都渋谷区神宮前
URL:https://i-d.ai

■ 本件お問い合わせ先
E-mail:support@i-d.ai
窓口:IDEAカスタマーサポート”

企業プレスリリース詳細へ
(2019/08/30-17:40)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

星野源、インスタフォロワー100万人突破!「うちで踊ろう」大反響に感謝 – マイナビニュース

歌手・俳優の星野源のインスタグラムのフォロワー数が8日、100万人を突破した。星野は3日にインスタグラムで楽曲 … …