Home モデル ホンダ、アキュラの新型「TLX」2021モデル公開。ハイパフォーマンス仕様「Type S」は2021年春導入 – Car Watch

ホンダ、アキュラの新型「TLX」2021モデル公開。ハイパフォーマンス仕様「Type S」は2021年春導入 – Car Watch

42 second read
0
18

スポーツセダンの新型「TLX」2021年モデル発表

 本田技研工業が北米で展開する高級車ブランド「アキュラ」は5月29日(現地時間)、新型「TLX」2021年モデルを発表した。今秋から米国での販売を開始し、価格は3万ドル半ば~を予定。また、2021年春にはハイパフォーマンスバージョンである「TLX Type S」を導入することが予告されており、Type Sの復活は10年ぶりのことになる。TLX、TLX Type Sともにトルクベクタリングを実現する「SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」を採用する。

 35年というブランドの歴史の中で“もっとも速いセダン”に位置付けられ、アキュラのスポーツセダンがどうあるべきか、スタンス、プロポーション、プラットフォーム、パワートレーンにまで至るまで考え直したという。

 TLX 2021年モデルのエクステリアデザインは、2016年のデトロイトモーターショーで世界初公開された「プレシジョン コンセプト」や2019年のモントレーカーウィークで発表された「Type S コンセプト」の流れを汲むもので、ワイド&ローを強調した4ドアスタイルが特徴。従来モデルからホイールベースは3.7インチ長くなり、全高も0.6インチ低くなったという。また、フロントまわりではダイヤモンド型の大胆な5角形グリルや4つのLEDエレメントを備えた新しいジュエルアイLEDヘッドライト、デイトナ24時間レースに出場した「アキュラARX-05」プロトタイプレースカーに触発された明るい白のLEDデイタイムランニングライトなどが与えられている。

プレシジョン コンセプト

Type S コンセプト

Acura 新型「TLX」2021年モデル(15分17秒)

TLX A-Spec

 新設計のシャシーではフロントサスペンションにダブルウィッシュボーン式を、リアサスペンションにマルチリンク式を採用したほか、ドライバーが任意に選択可能なアダプティブダンパーシステムなど、パフォーマンス重視の新しいアイテムを投入。また、重量バランスをとるためにフード、フロントフェンダー、フロントダンパーマウントなどにアルミニウムを採用するとともに、12Vバッテリーをトランクにレイアウト。

 一方、足下は18インチホイールを標準装備とし、19インチ仕様も用意。TLX Type Sでは10スポークの20インチホイールが装備される。また、第2世代のNSX用に開発された電動サーボブレーキシステムを用いるほか、Type Sでは4ピストンのブレンボ製フロントキャリパーなどが与えられる。

TLX Advance

 パワートレーンについては、標準仕様となるTLXがVTEC搭載の2.0リッターターボエンジン、TLX Type Sが栃木にあるR&Dセンターが開発を主導したV型6気筒3.0リッター直噴ターボエンジンで、いずれもシーケンシャルSportShiftを備えた10速ATを組み合わせる。2.0リッターターボは最高出力272HP、最大トルク280lb-ftを発生(3.0リッターターボの出力/トルクについては現時点で不明)。

TLX Type S

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「ナイキ」の“ISPA”新作は既存モデルのデザインを大胆融合 残糸を再利用したスニーカーも – WWD JAPAN.com

“フロー 2020”(2万3650円) “フロー 2020”(2万3650円) “フロー 2020”(2万36 … …