Home モデル ホンダ、新型『NC750X』など欧州向け二輪車2021年モデル7機種を発表 – レスポンス

ホンダ、新型『NC750X』など欧州向け二輪車2021年モデル7機種を発表 – レスポンス

50 second read
0
19

ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパは、新型『NC750X』をはじめとする欧州向け二輪車2021年モデルを発表。コミューター、アドベンチャー、ロードスポーツ計7車種を追加した。

なお、欧州向け二輪車2021年モデルのうち、CB1000R、NC750X、X-ADV、CB125R、MSX125グロム(グロム)、PCX125(PCX)の6機種を日本で発売する予定だ。

アドベンチャーモデル

今年欧州で発表された『CB500X』と『CRF1100Lアフリカツイン』の新色に加え、2021年型モデルとして、欧州のオン-オフカテゴリーの売れ筋トップ10に入る『NC750X』と『X-ADV』も大幅にアップデートする。

高燃費でオールラウンドな走りが楽しめるNC750Xは、エンジン、シャシー、スタイリング、実用性全てを刷新。750cc水冷並列2気筒エンジンは、最大出力をアップした。また、さらなる軽量化と1~3速ギア比のショートレシオ化により、さらにスポーティな乗り味を実現。シャープになったデザインと、一回り小さくなったカウルで印象もよりスポーティになった。さらにスロットルバイワイヤーを通じて、3つのドライブモードとユーザーモードが選択でき、ライダーはエンジン特性やレスポンスを調整可能。各モードはそれぞれデュアルクラッチランスミッション(DCT)のシフトパターンと連携している。

X-ADVもエンジン・シャシーを大幅に改良するとともに、スタイリングも一新。NC750X同様、エンジンをパワーアップ、ギア比を最適化、フレームを軽量化し、よりスポーティーな走りを実現する。また技術面では、スロットルバイワイヤーで制御する新ライダーモードを搭載。DCTおよびホンダセレクタブル トルク コントロール(HSTC)の設定も刷新している。

コミューターモデル

高燃費で環境に優しく、先進テクノロジーを搭載したスクーターと小型二輪車には、『フォルツァ350』や『フォルツァ125』といったスタイリッシュなスクーターや、人気の高いステップオンのSHシリーズ、走る楽しみに焦点をあてた『MSX125グロム』、高効率の『CB125F』や圧倒的人気を誇る『PCX125』などをラインアップしている。

SHシリーズでは、フラッグシップモデル『SH300i』をモデルチェンジし、出力を向上させた350ccエンジン「eSP+」を搭載した「SH350i」に進化。排気量アップに加え、吸気や冷却性能を上げることで、加速性能の向上や高回転域での出力をアップした。エントリーモデルの『SHモード』にも新型エンジン「eSP+」を搭載。新設計の次世代軽量フレーム(eSAF)により優れた燃費性能を実現している。

また、小型スクーター『PCX125』をフルモデルチェンジ。2021年型モデルは、新水冷エンジン「eSP+」を搭載し、出力・燃費を向上。ホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を新たに採用している。

ネイキッドラインアップ

「新世代CBシリーズ」のフラッグシップ『CB1000R』は、さらにミニマルかつ前傾なスタイリングを強調。特徴的なラウンドヘッドライトはハウジングをティアドロップ型に。また新デザインの精密な7本スポークホイールを採用し、全体の演出をさらに深めている。

2021年モデルの『CB125R』は、欧州二輪免許制度A1カテゴリーの最大値に出力を合わせた新型水冷4バルブエンジンを搭載し、トルクもアップした。また、ショーワ製フロントフォーク(Showa Separate Function front fork Big Piston)を125ccクラス初の標準装備。LEDライト、液晶メーター、IMU制御のABS、296mmフローティングフロントディスクブレーキ/ラジアルマウントの4ピストンキャリパーと合わせ、トップレベルのスペックを実現した。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

新型コロナ:大阪モデル「赤信号」点灯へ 3日夜に対策本部会議 – 日本経済新聞

記者団の取材に応じる吉村洋文府知事(3日、大阪府庁) 大阪府の吉村洋文知事は3日、新型コロナウイルスの感染状況 … …