Home モデル ホンダの新型モデルは自然吸気3.6L V6+VTEC!──ただし、クルマの話ではありません|自動車ニュース(高級車・スポーツカー) – GQ JAPAN

ホンダの新型モデルは自然吸気3.6L V6+VTEC!──ただし、クルマの話ではありません|自動車ニュース(高級車・スポーツカー) – GQ JAPAN

35 second read
0
21

ホンダの新型モデルは自然吸気3.6L V6+VTEC!──ただし、クルマの話ではありません

ホンダの新型船外機「BF250」(3.6リッターV型6気筒)は、可変バルブタイミング・リフト機構「VTEC」を搭載する。

VTEC搭載モデルも!

201966日、ホンダは、新型船外機「BF250/225/200/175 電子リモコン(DBW※)タイプ」を販売開始した。価格はBF175D XDJ2112480円からBF250D UDJ/LDJ2438640円まで(※ドライブ・バイ・ワイヤ(Drive By Wire)の略)。

BF250/225/200/175は、大型4ストローク船外機(3.6リッターV6気筒)である。最高出力はモデル名の数字とリンクし、BF250250ps/5800rpmBF225225ps/5500rpmBF200200ps/5500rpmBF175175ps/5500rpmだ。なお、BF250は可変バルブタイミング・リフト機構「VTEC」を搭載する。

発表にあわせ、ホンダの青山本社前には、新型船外機「BF250」を搭載したクルーザーを展示した。

新タイプは、新開発の電子スロットル&シフトシステムを搭載。「ワンプッシュ・スタート機能」や、650rpm1000rpmの範囲についてはボタン操作1回でエンジン回転数を50rpm刻みでコントロールできる「トローリングコントロールモード」を新設するなどして使い勝手と快適性を高めている。

新型船外機の販売開始にあわせて614日、記者向けの説明会がホンダの青山本社でおこなわれた。出席した本田技研工業執行役員ライフクリエーション事業本部長の奥田克久さんは「従来モデルに対し、メンテナンス性も大幅に向上しました」と、話す。

ホンダの新型モデルは自然吸気3.6L V6+VTEC!──ただし、クルマの話ではありません

ホンダ船外機初の新型ドライブ・バイ・ワイヤを採用。電子制御リモートコントロールによるスムーズで確実なシフト操作と、素早く正確なスロットル操作を実現したという。

また、ボディカラーもこだわっている。初代「NSX」や「S2000」に設定されていたカラー「グランプリホワイト」も数量限定で設定された(すでに完売済みとのこと)。「ボディカラーやデザインでも、クルマとのシナジーを高めたい」と、奥田さんは話す。

ホンダの新型モデルは自然吸気3.6L V6+VTEC!──ただし、クルマの話ではありません

BF250とともに、最高出力5psの小型船外機も展示された。

ホンダの新型モデルは自然吸気3.6L V6+VTEC!──ただし、クルマの話ではありません

小型船外機はゴムボートや和船などへの装着を想定し、開発されている。

奥田さんは続けて「たとえば2psの小型船外機(BF2)には、『S660』をイメージしたボディカラーを複数色設定しました」と、述べた。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ヘイリー・ビーバー、ランウェイモデルはもう引退? – ELLE

ヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber) JP YimGetty Images 先週インスタグラムのス … …